会社の朝礼スピーチほど無駄なものはない!そんなものはやめろ!

みなさんこんにちは~

今回は会社で毎朝行われる「朝礼スピーチ」についてのお話です。

みなさんの会社はどうでしょうか?毎朝朝礼スピーチは行われているでしょうか?

もし行われているとすればほとんどの方がこう思われていることでしょう。

朝礼スピーチうざいっ!

こんなもの苦痛でしかないっ!

わかります。わかりますよ~その気持ち。

聞きたくもない社長や上司の話を延々と聞かされる・・・

これほど嫌なものはないですよね?

朝っぱらから社員の気分を悪くし、仕事に対する意欲をなくさせて何が楽しいのでしょうか?

はっきり言って朝礼スピーチほど無駄なものはないのです。

賛否両論あるかもしれませんがほとんどの方が朝礼スピーチに意味がないと感じている以上、こんなものはさっさとやめた方がいいのです。

会社の朝礼スピーチをすることに何の意味があるの?

そもそも会社の朝礼スピーチって誰が何のためにするのでしょうか?

社長の自慢話?上司が部下に対しての説教?部下の自己啓発のため?

まぁ色んな目的はあると思いますが共通して言えることは時間の無駄だということです。

大体、朝の一発目からスピーチをすること自体がおかしいのです。

人間の脳は朝起きてから活発に働き出すのが4時間後と言われています。

皆さんは出社前、何時間前に起きるでしょうか?

せいぜい2時間、ひどい場合になると30分から1時間前に飛び起きて会社に出社する方々もいることでしょう。

また、人によっては朝食をとらずに出社する方々も少なくありません。

そんな状態で長々と朝礼時に他人のスピーチを聞かされる身にもなってみればそれは苦痛でしかないのです。

起きて間もない状態で脳も活性化しないのに他人の話が入ってくるわけがありません。

手短に一日の仕事の段取りを説明するぐらいならまだよしとしましょう。

しかしただ形式的に朝礼スピーチを行うことには全くもって意味はないのです。

スポンサーリンク

朝礼スピーチは結果的に社員のモチベーションを下げることになる

結果的に意味のない朝礼スピーチほど社員のモチベーションを下げるものはありません。

そのことに気づいていない経営者がいかに多いことか!

自分は経営者と言わんばかりに偉そうにふんぞり返ってどうでもいいことを長々と話をする。

そんな意味のないスピーチに多くの社員は嫌気がさしているのです。

毎日毎日こんなことを繰り返されたらそりゃあ社員のモチベーションは下がるのは目に見えて明らかです。

中には朝の朝礼スピーチが嫌で会社を退職する人だっているぐらいなのですから。

なんでもかんでも頭ごなしに社員を指導する。

社員教育の一環として朝礼スピーチを取り入れることは悪いとは言いません。

しかし、見るからに全く意味のないくだらない朝礼スピーチを習慣化することは気持ちよく働こうとする社員にとってお荷物でしかないのですから。

さいごに

会社における意味のない朝礼スピーチなんてさっさと廃止するべきです。

社員に伝達することがあればわざわざ朝礼時に長々と話をするまでもなくきちんとミーティングを行い伝えれば良いだけのことです。

所詮は朝礼スピーチなんて経営者の自己満足、上司の部下に対する威厳を保つためのひとつの取り決めみたいなものです。

そんなくだらないものに朝っぱらから振り回される社員にとっては不快になるだけで何らプラスになることもないでしょう。

嫌だぁ~また今朝も朝礼かよ・・・・

そんな社員の気持ちを汲み取ってあげてこそ社員に親しまれる会社ではないでしょうか?