人間関係を理由に会社を辞めたとしても退職後の仕事は必ず見つかる!

みなさんこんにちは~

今回は「会社の人間関係に行き詰まり会社を辞めたとしても退職後の仕事は見つかるのか?」といった問題についてみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

会社で人間関係に悩み仕事を続けようか続けまいか悩む方々は多いかと思いますがここで多くの方々が決断することが出来ずセミの抜け殻のような気持ちのまま会社通いを続ける方々も少なくありません。

確かに会社を辞めてしまったら次の仕事が見つかるかどうかわからない不安からどうしても新たな一歩を踏み出すことができないことでしょう。

では実際問題、会社の人間関係に悩み仕事を辞めたとして退職後の仕事は見つかるものなのでしょうか?

どんな理由で退職しようが転職先の新しい会社には全く関係のないこと

会社を退職するにあたって最も気になるのが「次の職場の面接を受ける際に何かしら悪影響が出るのではないだろうか?」と言った点です。

確かに人間関係で会社を辞めたとなると新しい会社もそのような人には慎重になり簡単には採用してくれないようにも思えます。

しかし現実問題、前職において人間関係に問題があったかなんて誰も知る由などないのです!

よく会社を辞める際にその会社の上司が嫌みったらしくこんなことを言う場合があるものです。

次の新しい会社を受ける際、お前のような人間関係が悪かった人間は「どんな人間だったのか?」と聞かれても良いようには言わないからな!

な~んて言葉を耳にしますがあれは真っ赤な嘘です。

そもそもこれから受ける新しい会社が過去に辞めた会社に連絡を入れ、「この人はどんな人ですか?」なんて聞くわけがないじゃないですか。

そんな話を鵜呑みにしているからこそいつまでたっても自己嫌悪に陥り転職面接を繰り返す勇気が持てないのです。

退職にはいろんな理由を伴いますがそれはその人自身が決断した上でのことですので他人がとやかく言う筋合いなどないのです。

スポンサーリンク

人間関係が合わないのなら人間関係の合う会社を探せば良い

自分は人間関係が合わないからこの会社にはいられない・・・

そう思う方々も多いことでしょう。

でもそれって裏を返せば自分の考えをしっかりと持っているからこその証ではないでしょうか?

嫌な人間は嫌だ!

そう自分に素直に言い聞かせられる人間がこの世の中にどのくらいいるでしょうか?

ほとんどの方は自分の考えを曲げ、周囲に合わせることで大きなストレスを抱えたまま何年も仕事を続けやがては心の病気になってしまうのです。

嫌な人といつまでも仕事をする。

そんなつまらない人生なんて何の価値もありません。

会社で嫌な人達ばかりであれば無理に付き合わず新しい会社で新しい人との出会いに期待すれば良いだけです。

それが何社、何十社と変わろうが自分に合った働きやすい環境の職場を見つけてこそなのです。

経営者がしっかりしている会社は社員もしっかりしているタイプが多くそのような会社は探せば結構あるものです。

いつまでもダメな会社にしがみつき自分の可能性をつぶしてしまうことだけは避けましょう。

本当は自分に合った会社に転職できたかもしれないのに無駄な時間だけを過ごしていく・・・

そんな人生だけは絶対に送るべきではないのですから。