何でも上司に報告する人間の考えている事は一つしかない!

みなさんこんにちは~

今回は「何でも上司に報告する人間」についてのお話です。

仕事を行う上で何でもかんでも上司に話す人っていますよね~

報告する必要のないことや自分のプライベートの話、自分の身内の話等、どうでもいいような事を一生懸命に報告しようとしたりするものです。

聞いている側としては・・・

この人は何を言ってるの?

それ、言う必要なくない?

なんて思ってしまいがちです。

この言わなくてもいいことまで言ってしまった結果、とんでもない事態に発展しまうことも少なくありません。

ではなぜこのような何でも上司に報告する人間が存在するのでしょうか?

またこの手の人間は何を考えているのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何でも上司に報告しようとする人間の考えている事とは?

そもそもなぜ何でも上司に報告しようとするのかについてですがこれにはいくつかの理由があります。

ざっと挙げると以下のようなものがあります。

  • 仕事をする上で知り得た情報は全て上司に報告することが当たり前だと思っている。
  • 上司に報告することで自分の頑張りを認めてもらいと思っている。
  • 上司と親密な関係を築きたいがために何でも報告しようとする。
  • どこまで報告すれば良いのか自分でも分からない。
  • 後々になって上司に報告していないことを指摘されるのが怖い。

以上のような例が挙げられると思います。

ここではっきり言いましょう。

この手の上司になんでも報告しようとする人間に共通して言えることはたった一つしかありません。

それは、機転が利かない人間ということです!

あることないこと全てを報告すればボロが出るのは当たり前のことです。

上司という立場である以上、もしそれが否定的な報告、改善を要する報告であれば指摘せざるを得ないのです。

そのことがわからずただ単に子供のおつかいのように報告だけしようとする。

挙句の果てには周囲の人間に迷惑をかけることになる。

こんなことをしているから何でも上司に報告するような人間は周囲から「こいつは何を考えているのかわからない!」と思われるのです。

上司に対して報告している内容は実にくだらない

何でも上司に報告するような人間の報告内容を噛み砕いてみれば実にくだらないことばかり報告しているものです。

自分の考察は全くなく、ただ単に目の前で起きた事実をありのままに伝える。

その程度のレベルと言っても過言ではないでしょう。

確かに仕事を行う上で上司への「報告・連絡・相談」は必要不可欠です。

しかしだからといってどうでもいいようなことを逐一報告しているようでは時間の無駄ですし、ひょんなことから上司が嫌悪感を抱いてしまうことだって少なくないのです。

自分の事ならまだしもこれが他人事だった場合は最悪の事態を招いてしまうことでしょう。

これは以前、お伝えしました「何でも上司にチクる人間」に近いものがあります。➡(※参考:何でもチクる社員には要注意!

なんでもかんでも報告内容を精査しないまま言うべきではないのです。

さいごに

結局のところ何でも上司に報告する人間はかまってちゃんが多いものです。

上司に報告することでいかにも自分をアピールし、仕事をしているように見せがちですが周囲の人間からすれば本当にうざい人間でしかないでしょう。

後の事を考えないまま思ったことを平気で上司に相談しようとするべきではありません。

そんな前後の見境もつかないような報告はやめてほしいものです。

ろくに仕事もしない、仕事の能力もない人間が上司に対して報告ばかりしようとする。

だからこそ今の世の中、「ゴマすり社員」なんて呼ばれる人たちが多くなってきたのかもしれませんね~

コメント一覧