会社で濡れ衣を着せられた!?こんな時あなたはどうする?

みなさんこんにちは~

今回は「会社における濡れ衣」についてのお話です。

会社での濡れ衣・・・確かによくあるな・・

そう思われる方々も少なくないはずです。

仕事をしている上で「いつのまにか自分が濡れ衣を着せられてしまった・・・」と思うことはあるのではないでしょうか?

自分は何も悪くないのになぜか自分が原因で問題が起きたかのようにされてしまうのです。

本当にありえない話ですがこのような現象は現実問題よくあることで多くの方が会社で知らず知らずの内に濡れ衣を着せられ悔しい思いをさせられる場面に遭遇しているのです。

ではなぜ自分は何一つ悪くないのに濡れ衣を着せられるのか?

その原因について探っていきましょう。

会社ではいつのまにか濡れ衣を着せられることはよく起こる!

会社でいつのまにか濡れ衣を着せられることは誰もが一度は経験することではないでしょうか?

濡れ衣を着せられると言っても小さなものから大きなものまで様々です。

ちょっとした他人の仕事のミスをいつのまにか自分のせいにさせられたり。

あるいは問題が起きた際に自分がその仕事に関わっていたというだけで、自分ではミスをしていないのにいつのまにか自分のせいにされてしまうことだってあるのです。

なぜこのような他人のミスがいつのまにか自分のミスに、あたかも自分に原因があるかのように濡れ衣を着せられる羽目になるのか?

その原因は一つしかありません。

それは仕事を行う上で問題が起きた際、自らの責任を率先してとろうとする人間があまりにも少ない現状にあるからなのです!

ひどい場合になると上司のミスがいつの間にか部下に転化され濡れ衣を着せられることだって十分に起こり得ます。

みんな自分が可愛いのです。

少しでも会社に良い印象を与えるよう、自分を悪く見せないようにしようと皆、あの手この手で知恵を絞るのです。

その結果、いつの間にか弱者が濡れ衣を着せられるはめになると言うわけなのです。

スポンサーリンク

会社で受けた濡れ衣の対処法とは?

それでは会社で自分が濡れ衣を着せられた場合、どのような解決策を計っていけば良いのでしょうか?

この方法には二つの解決法があります。

一つ目の解決策としては濡れ衣を着せた相手に対して面と向かって文句を言うことです。

なかなか言い出しづらいかもしれませんが一度、ガツンと言ってしまえばその後は案外うまくいくものなのです。

「自分はどうせダメだ・・・何も言えない・・」などと自分を抑え押さえ込み他人の非を自分の非として認めてしまったらそこで全てが終わるのですです。

ですから思い切った発言で濡れ衣を払拭する行動に行けるかどうかが重要なのです。

人間って言葉を口にした途端、溜まったもやもやが一気に発散されるものですから。

二つ目の解決法として有効なのが「上司に相談すること」です。

もし上司が駄目ならその上の役職の方へ!

いや相談というよりありのままの全てを話すことです。

チクってチクってチクりまくりましょう。

他人から見れば「この人はすぐチクる!」と思われがちですが濡れ衣を着せられたまま悔しい思いをし続け大きなストレスを抱えるよりは断然マシです。

会社なんてものは昔と違って今の時代は無理に人と仲良くする必要なんてありません。

一人で淡々と仕事をし、時間が来たらさっさと帰ればいいのです。

わけのわからない人間に振り回されるものほど無駄なものはないですからね~

それでは今回はここまで!

読んで頂いてありがとうございました。