会社の評判が悪いのはろくでもない経営者と上層部の集まりだから!

みなさんこんにちは~

今回は「会社の評判が悪い理由」についてお伝えします。

結論から申しますと会社の評判を悪くしている理由はひとつしかありません。

それは「ろくでもない経営者と理解力のない上層部の集まりだから」です。

はっきり言ってこれらの人たちで成り立っている会社というものは苦しめられるのは中間管理職を含めたそれより下の社員の方々だけなのです。

ワンマン社長と理解力のない上層部が会社の評判を悪くしている現状

一番最悪な会社、それが何を隠そうこのワンマン社長と理解力のない上層部連中の集まりです。

これらの方々の下につく社員の皆さんは苦しい思いをさせられるのは目に見えて明らかです。

ワンマン社長はわけのわからない指示を役員会議で出そうとします。

そうなるとどうなるのかといえば上層部連中はワンマン社長の言う事を素直に受け入れようとします。

ここで絶対に逆らおうとしたりしません。

たとえ心の中で社長の言っていることがおかしいことだとわかっていてもあえて同意するのです!

その結果、今度は上層部連中は自分たちより下の者に無理難題を押し付けようとします。

もちろんそのことがおかしい事だとわかっていようが結局は上層部の連中は自分たちで処理するわけではないので全ての責任を部下に押し付ければ良いだけなのです。

そのことに対して何か問題が起きようとも部下の責任、部下のやり方が悪いと言い放ち注意だけは一丁前にする上層部連中。

部下の揚げ足を取り部下のミスを社長に報告し自分の存在感をアピールしようとします。

そうなれば言わずと退職者は増える一方で会社の評判は悪くなって行くというわけです。

スポンサーリンク

劣悪な労働環境に身を委ねることは絶対に避けるべき!

もし自分が劣悪な労働環境に身を委ねているという自覚があるのであれば今すぐにでもそんな会社は辞めるべきと言えるでしょう。

いや絶対にやめるべきです。

おかしな上層部の連中がいつまでも会社にのさばっていられるのは部下の「不断の努力」をおいて他なりません。

自分の土俵では決して戦おうとせず他人の土俵で他人に無理難題を押し付け仕事をさせようとする。

上手くいけば自分の手柄としミスをすれば部下の責任とする。

こんな最低な上司がいる会社で勤めること自体に問題があるのです。

さいごに一言

職場で心身的ストレスを抱え心の病に陥ってしまう方々は多いものです。

そのほとんどの原因が経営者と上司、部下との人間関係にあると言っても過言ではないでしょう。

社長や上司が全ての責任を部下に放り投げ自分を評価してもらえないものほど辛いものはありません。

本当に自分の努力を認めてもらえる。

そんな会社で働いてこそ有意義なビジネスライフが送れると言えるのではないでしょうか?