自分の事しか考えない上司がいる会社は経営者にも問題がある!

みなさんこんにちは~

今回は「自分の事しか考えない上司」と「そんな身勝手な上司を雇用する経営者」についてお伝えします。

いますよね~どんな会社にも自分のことしか考えない上司って。

部下の事など二の次!

とにかく自分、自分、自分が一番!

自分の待遇が良くない、自分の立場が人より上でないと納得できずに何振り構わず強硬手段に出ようとする。

役職と言う立場を利用して自分が窮屈になると部下に対して大声でわめき散らしたり、自分だけが楽な方、楽な方へと逃げようとします。

もうね、はっきり言ってこんな自分かわいさに、自分中心で物事が進まないと我慢も出来ないような上司は人間失格と言えるでしょう!

そして、こんな上司を雇用ている経営者にも問題が大ありなのです。

経営者の人を見抜く力がないからこそこんな保身に走る上司にコロリと騙され、いいようにあしらわれているのです。

自分の事しか考えない上司をいつまでも雇用する経営者

あなたの会社にも自分の事しか考えない上司が一人や二人はいるはずです。

ではなぜそのような上司がいつまでも存在しているのでしょうか?

その答えは簡単です。

経営者にそのような上司の本質、人間性を見抜く力がないからです!

で、でも会社はうまく回っていますよ?

何をおっしゃいますか!

自分の事しか考えない上司なんていてもいなくても同じ」なんですよ。

偉そうに指示を出しているつもりかもしれませんがそんなものあってもなくても結果は同じなのです。

ほとんどの場合、部下である中間管理職以下の方々が活躍しているわけですから。

経営者に人を見る目がないとろくに仕事もせず、口だけ人間のアピールにコロッと騙され役職の座を提供してしまうわけです。

その結果、「行動も起こさず口だけの上司」、「自分の保身に走る上司」、「自分だけが楽をしようとする上司」が組織の一員、しかも幹部にすらなり得るわけです。

スポンサーリンク

会社は縦社会にあるため最悪な上司でも文句ひとつ言えない現実

なんだかんだ言っても会社と言うものは縦社会です。

この系列は会社組織を営む以上、上下の関係は当然存在するものであり、何年経とうが崩れることはありません。

そんな縦社会のトップたる経営者が自分の事しか考えないないような、部下のことなど気にも掛けないような人間を上司に据え置いてしまったらおのずと結果は見えています。

部下にとって「パワハラ上司」だの「いらつく上司」だのが存在し始めるのです。

どんな最悪な人間でも上司である以上、腐っても上司は上司。

どんなに部下が苦しい思いをしようがそんな上司に対して文句の一つも言えないのです。

経営者が本当に人を見る目があるのであれば絶対に自分の事しか考えない上司は会社に悪循環を及ぼすと判断することでしょう。

しかし今の世の中、そんな単純なことさえ、誰もがわかりそうなことさえわかっていない会社も数多く存在します。

自分の事しか考えない上司により、仕事の出来る部下を敬遠し、自分の言う事をきくようなおとなしいイエスマンだけを部下に置こうとする。

いつしか会社は「本当に会社に貢献している人間を煙たがる存在」として見るようになって行きます。

それもこれも「全て自分だけが良い思いをすればよい!」、「自分の立場を揺るがす存在を許さない!」そんな上司の企みがあるからなのです。

さいごに

もしあなたの会社に今回、お伝えさせて頂いた「自分の事しか考えない上司」が存在し、あなたの直属の上司にあたるのであれば諦めましょう。

あなたがそんな上司を嫌っている時点で向こうもあなたの視線、態度をいち早く察知し、自分と同じ立場、自分以上の立場にならないよう経営者に対してあの手この手であなたを落とし入れようとしている行動に出ているはずです。

自分の事しか考えない上司は本人が駄目人間であることはもちろんのことですが、そんな人間をいつまでも上司の役職として置いておく会社側、経営者にも問題があることを覚えておくと良いでしょう。

それでは今回はここまで!さようなら~