部下の事など考えず自分の事しか考えない保身に走る上司の特徴とは?

みなさんこんにちは~

今回は「自分のことしか考えない保身に走る上司」についてお話したいと思います。

部下のことなど考えず自分のことばかり優先する上司ってどこの会社にも存在するものですよね?

よく観察してみると部下のやることなすことにケチをつけるものの肝心の部下が大きなミスを起こしたりした場合に責任者であろうはずの上司が全く責任を取らない傾向が見られがちです。

そんな自分のことしか考えない上司の言いなりになっては絶対にいけません!

部下のことなど一切考えず自分の評価を良く見せようと保身に走ろうとする上司の特徴とはどのようなものかについて迫っていきましょう。

自分のことしか考えない保身に走る上司の最大の特徴とは?

部下のことなど考えようともせずいつでも自分を優先しようとする上司の最大の特徴としてはやはりなんといっても部下の手柄を横取りすることでしょう。

これって気づかないかもしれませんがこの手の上司は部下の功績を知らない間に自分のものにしようとする能力に非常に長けています。

俺が指導したから部下が良い結果を残したんだ!

俺の的確な指示が業績アップにつながったんだ!

こんなわけのわからないことを本気で思っているからこそ質が悪いのです。

そして最悪なことにそんな部下の功績を幹部会など経営陣の集まる会議の場において部下がいないのをいいことに全て自分がやったように見せかけるのです。

蓋を開けてみれば本当は何一つしていない。

部下のやることにケチをつけているだけに過ぎないのですが結果が伴っているだけに上層部の連中もついつい信用してしまうわけです。

優秀な結果を残した部下には褒め、悪い結果を残した部下には注意を怠らないと言った腹黒い一面を持ち合わせているのです。

スポンサーリンク

社長の前で部下を怒鳴り自分の存在価値をアピールする最低な上司

先ほど部下をこれでもかと利用する最低な上司の特徴をお伝えしました。

しかしもっと最悪なのはこれだけには留まらないことです。

何をするのかといえば自己アピールです!

社長に向けて自分の存在価値をアピールする最も有効な手段として部下の人達を怒り散らすことです。

どういうことかと言えば社長の前でいかにも熱意を持って部下を指導しているそぶりを見せるがために部下が大したミスもしていないのに感情をあらわに声を張り上げ怒り散らすことで指導力をアピールするのです。

面と向かって部下の前で直接怒ったりするようなことはせず電話越しにわざと声を張り上げて怒ったりします。

これを隣で聞いていた社長は「どうしたんですか?と上司に聞きますがその時に「あいつは何べん言ってもわからない!これだけ指導してもなかなか改善が見られない!」などといかにも自分はやっているのに部下ができていないと言ったようにアピールするわけです。

こうすることで自分の存在価値を保ち会社で仕事をしているように見せるわけです。

本当に最低ですよね。

結局どちらに転んでも痛くもかゆくもない上司のポジション

結局は優秀な部下に対しては褒めることで自分の適切な指導力をアピールし、業績の悪い部下に対しては怒り散らす姿を社長に見せつけることで自分の指導者としての存在感をアピールするわけです。

これって裏を返せば会社の業績などどうでも良く「いかにして自分が仕事をしているように見せるのか?」また「社長からの信頼を勝ち取るために部下をダシにしてでも自分の居場所を作ろうとするのか?」だけに過ぎません。

やっていることはただこれだけなのです。

世の中にはこんな最低な上司に振り回され自分ではきちんと仕事をしているのに「何故怒られるのだろう?」と真剣に悩んでしまう方々も多いことでしょう。

しかし蓋を開けてみれば我が身可愛さに自分のことしか考えない上司なんて考えることはこの程度のことなのです。

よ~く観察してみれば今回お伝えした内容の行動をそのままとっている上司の姿が見えてくると思います。

もしあなたの会社にこのような最低な上司がいる場合にはただ単にあなたを自己アピールのために利用しているだけかもしれません。

こんな人間は気にせず相手にしないようにしましょうね~