40代になると会社の人間関係に疲れたと感じるようになる理由とは?

みなさんこんにちは~

今回は「40代になるとなぜ会社の人間関係に疲れてしまうのか?」その原因を探ってみたいと思います。

会社で人間関係に疲れ果てた40代の社員の方々ってほんと多いですよね~

通称、アラフォー世代!

年齢的にはさほど高齢と言うわけでもなくまだまだ働き盛りの中堅クラスにも関わらずなぜか疲れる。

そしてやがては会社に行くことさえ嫌になってしまう・・・

この背景には人と人との人間関係が密接に関わっていると言っても過言ではありません。

とは言え人間関係と言っても下は20代から上は60、70代まで皆、条件は一緒のはずです。

でもなぜか40代だけは疲れの度合いが半端ないレベルにあります。

実はこれってその人、本人が悪いわけではありません。

40代特有の疲労の原因が隠されているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代は会社では責任ある年齢!平社員でいることは許されない!

みなさんは会社における40代社員のポジションってどのように感じるでしょうか?

  • いい年したおじさん?
  • 仕事の出来る中堅社員?
  • 高給取りの社員?

色んな見方があるでしょうがこれらの中でなくてはならない存在にあるのが「ある程度の仕事が出来て当たり前の年齢」、つまりは「平社員レベルは許されないポジションにある」と言うことです。

中途採用にせよ40代と言えば中堅クラス。本来であればそこそこ仕事ができるレベルにあり、上司でいて部下を携えていてこそなのです。

ですから会社側も40代の社員にはそのレベルのポジションを与えようとします。

その結果、上司と部下との人間関係に板ばさみになるわけです。

平社員でいることなど許されるはずもありません。部下がいて上司がいる。

部下がミスをすればその責任は40代の中堅クラスの人間にのしかかり、さらには上司からも怒られるのです。

こに40代になると会社の人間関係に疲れを生じさせる原因が隠されていると言っても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

40代は仕事と家庭の両立も非常に難しい年頃

仕事の面でもへとへとになり帰宅をする40代社員。

もちろん帰宅してもそんな過酷な状況は留まることを知りません。

家に戻れば嫁に「あ~だのこ~だの」と怒られ、子供には相手にされない毎日・・・

そんな漫画のような現実を送り続けている夫の方々も多いのです。

もう・もうやめてくれ~!

そんな自分を極限まで追い込み精神状態が不安定になることでうつ病になったり、会社に出社したくなったりすることで自分の殻に閉じこもるようになるのです。

ほんと、40代って仕事に家庭に振り回される年頃なんですよね?

だからこそ「安らぎ」を求め、つい間違った道を選択してしまう方々も多いのです。

きびしいですよね~40代って。

50代にもなれば人生の折り返し地点を過ぎるわけですから幾分、気持ちも楽になることでしょう。

しかし40代はこれからの未来が待っているだけにのしかかるプレッシャーも相当なものなのです。

アラフォーおやじと呼ばれ年老いて行くかどうかは自分次第!

世間では40代のことを「アラフォー世代」なんて呼んでいます。

うわっ!

この人、アラフォーかよっ!

その言葉を聞くだけで「あぁ・・・自分も年を取ったんだな・・」と悲壮感に包まれることでしょう。

仕事に追われ、家庭に追われ、気が付けば自分が何者であるかさえわからないまま過ぎ去って行くのが40代です。

しかし、考えようによってはここでどこまで踏ん張れるか?

自分の気持ちの持ち方一つで若くもなり年老いても行くものです。

すべては自分の気持次第!

40代もまだまだ捨てたものじゃない!?