会社の人間関係が怖い!うつ病になる人に見られがちなある特徴とは?

今の世の中、せっかく会社に入社できても人間関係が怖いと感じる人達が多く見られがちです。

毎日、毎日会社に行き周りを見渡せば敵・敵・敵!

心が休まる暇もなく次第に心が閉ざされ自分の殻に閉じこもってしまうものです。

そしてやがては心の病と言われるうつ病にかかってしまいかねません。

ではどうして人間関係を怖がり、うつ病にかかってしまうのでしょうか?

このうつ病にかかりやすい人にはある特徴が隠されているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社で人間関係が怖いと感じるのは心やさしき人間であるから

会社なんてものははっきり言ってろくな人間がいません。

全てとは言いませんがほとんどの人間が少しでも自分をよく見せようと上司に気を使い、同僚には嫉妬心を抱き、そして部下を当たり散らし自分の存在感をアピールするものです。

そんな醜い人間関係の中において最もターゲットとなる人が心やさしき人間なのです。

つまりはあまりにも人が良すぎるために他人に対し文句の一つも言えないような人です。

明らかに相手が悪いとわかっていても人と人との関係を悪化させまいとその場を丸く収めようとします。

その結果、自分は悪くないのに悪い相手に対してさえ謝ろうとするのです。

こうなってしまえば性格の悪い人間はこの手の優しいタイプの人間を恰好のターゲットにすることで憂さ晴らしをしようとします。

それも毎日のように繰り返されます。

その結果、理不尽なことを言われ続けた優しい人間は心の病気として有名なうつ病を患ってしまうわけです。

スポンサーリンク

他人の気持ちが理解できない人間は延々と社員いじめを繰り返す

どんな会社にも他人の気持ちを理解することができない人間はいるものです。

あなたの会社にも一人や二人はいるのではないでしょうか?

はっきり言ってこの手の人間には何を言っても無駄です。

そもそもの育った環境にも問題があり、考え方が一般的な道徳観念から桁外れな考えをしていますのでこういう人たちから見ればまともな人間の方がおかしく見えるのです。

そして最もたちが悪いのはこの手の人間は会社で弱い立場にある人間を見つけては人を見下したような言動に出ようとします。

これは全て他人の気持ちを理解できない性格から来ていると言っても過言ではありません。

よく「うつ病になってしまった!」、「会社の人間関係が嫌で会社を退職してしまった!」なんて言う人達を見かけますがほとんどの場合、この手の他人の気持ちを理解できない人間が密接に関わっていることが多く会社に行きたくなくなるような原因を作り出しているのです。

どうしても人間関係を我慢できない場合は潔く退職するべき

よくもう人間関係の限界だと言いながらも生活のために渋々、会社に行く人たちも多く見られます。

中には心の病にかかりながらもやっとのことで会社に行き嫌な人間から嫌がらせを受け続ける毎日、そんな生活を送っている人達もいるものです。

しかし、ここではっきり言いたいのですがもしそのような人間関係をどうしても我慢できない状況に追い込まれたとしたのであればさっさと退職するべきです!

後先考えず退職するべきです!

辞めたらどうしようなんて考えるからいけないのです。その後の事なんて本来はやめてしまってから考えるべきなのです。

ほとんどの場合、退職したところで生活苦になり何年も1円も稼げなくなってしまうようなことはまずありえません。

人間はその場その場で適応していく能力がありますのでたとえ会社を辞めたとしてもきっと新しい人生を切り開いていけるはずです。

一番問題なのはダメな会社にいつまでも依存し、身も心もボロボロになってしまうことで後になって取り返しのつかない事態に巻き込まれてしまい兼ねないと言う事です。

ダメな人間はダメですしダメな会社はダメなのです!

そんな人間、そんな会社にいつまでも振り回されるようなつまらない人生だけは絶対に送るべきではないのです。