何こいつ!?人に言うくせに自分はやらない上司の特徴

みなさんこんにちは~

今回は「非常に質の悪い上司」にスポットを当てたお話となっています。

それはズバリこんな人間です。

仕事を行う上で人に言うくせに自分はやらない最低な上司

どうですか皆さん?

ほんと最低ですよね?

偉そうに他人に対してはなんだかんだといちゃもんをつける割には自分は全く動こうとしない。

そんな上司が存在するものです。

見ているだけで本当に腹が立ってしょうがありませんがこんな人間でも上司なだけに部下としては何も言えないのです。

それではこの手の上司がどんな特徴を持っているのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人に言うくせに自分はやらない上司の特徴

まずこの手の人に言うばかりで自分は何一つ行動しない人間に見られがちな特徴として挙げられるのが「口だけの人」ということです。

口だけの人、まさにその名の通り自分ではできないような仕事を平気で部下に放り投げたりします。(※保身に走る上司参照➡自分を最優先し保身に走る上司の特徴

また、たとえ自分ができるとしても面倒だったり失敗した時のリスクを考え部下に丸投げするのです。

自分は高みの見物で部下の行動を監視し万が一、部下が何か問題でも起こそうものならものすごい剣幕で怒鳴り散らすのです。

そのくせ部下の手柄を自分のものとし「俺が上司で監督した結果だ!」といったように偉そうにふんぞり返ろうとします。

ほんと最低な人間性ですよね?

しかし今の世の中、この手の人に言うだけで自分は何一つ行動に起こさない、仕事をやろうとしない上司が溢れかえっている現実にあるのです。

上司という立場は本来、部下をしっかりと管理し部下の行き届かないようなところまでカバーしてあげるのが役職者の務めです。

自分は何一つせず部下に仕事を投げるなんてとても上司である人間のすることとは思えませんよね?

人に言うばっかりで自分は何一つ行動しない上司は大抵の場合、次ようなことを考えていることが多いです。

自分さえよければ部下のことなど知ったことではない!

さあどうでしょう皆さん、思い当たる節があるのではないでしょうか?

自分さえ、自分さえよければ良い」、そんな怠慢な考えを持った上司がどうして部下の面倒を見ることができるのでしょうか?

何か大きなミスが起こった際、とてもじゃありませんが自分自身で対処する能力なんてないのです。

常に部下を盾に自分は安全な位置で上司という立場を利用して会社に居続けようとする。

まさに寄生虫のような存在といっても過言ではないでしょう。

結局は他人を思いやる気持ちを持てない人間なのです。

責任逃れしかしない上司は救いようがない

人に言うくせに自分はやらない上司は言い換えれば責任逃れしかできない上司と言ってもよいでしょう。

元々がひん曲がった性格ゆえにこの手の上司は救いようがありません。

いくら部下が歩み寄り、そんな上司のために尽くそうとしても最後には利用されるだけ利用され痛い目を見るのがオチです。

自分は上司のために一生懸命尽くしてきたのに最後にはボロ雑巾のように捨てられるはめになった・・・

そんな部下の方々は今や珍しくもなんともないのです。

さいごに

もしあなたの会社に部下に言うばかりで自分は何もやらない上司がいるのであればやがてはあなたにも災いが降りかかってくることは避けられないのです。

そんな上司の特徴を把握した上で接してこそ、自分を守れる術となることを頭の片隅に残しておいた方がいいと思いますよ~

コメント一覧