会社の上司と合わない?ストレスが溜まる理由は一つだけ!

みなさんこんにちは~

今回は「会社の上司と部下との関係」についてのお話です。

よく部下が上司に対してこんな事を思っているケースが非常に多くみられがちです。

こんな上司とは合わない!

ストレスが溜まる一方だ!

わかります!

その気持ち、本当によ~くわかります!

私も今まで何社も転職してきては色んな上司の方々を見てきましたがまぁひどいのなんの。

ほとんどのケースにおいて上司と合わずイライラしストレスが溜まってしまったことが多かったです。

そんな過去の経験も踏まえ「なぜ上司と合わないのか?」、「なぜストレスが溜まる一方なのか?」について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

部下が会社の上司と合わずストレスが溜まる理由

これにはいくつか理由がありますが根本となる原因としてはやはり部下が上司の事を嫌っているからです。

上司の事をどうしても受け入れられない。

そんな部下の方々がほとんどではないでしょうか?

ではなぜそのような状況になるのかと言えばやはり上司が部下に対して一方的で押さえつけるような態度をとるからです。

部下がストレスを抱えていてもそのことにさえ全く気付かない。

いかにも自分の言ってることは正しい。

会社が自分の事を上司と認めた以上、部下は上司の言うことを聞くのが当たり前だ!

そんなことを思っている上司が多いはずです。

ですから部下の方が上司に対して何か意見を言おうとも気に食わない事があると大声を上げたり、無視をしてまともに取り合おうともしません。

非常にエゴの塊、結局は自分可愛さに自分のことしか考える余裕がないのです。

ほとんどの場合、上司の本心なんて部下のことなど微塵も思っていないものです。

口では「部下のためだ!」とか「部下のために全力でカバーする!」なんて言っておきながらいざ部下がミスをするとひたすら部下のことを注意するだけでそこに思いやりの心は微塵もありません。

結局、上司と部下の関係なんてあって無いようなもの。

これでは部下が上司と合わず、ストレスは溜まる一方で半端ないものとなるでしょう。

こんなことが毎日続けばいずれは部下は心の病気になるか退職するかのどちらかの判断を迫られることになります。

ストレスを溜めないよう上司と話すことはできるのか?

結論から言いますと出来るといえば出来ます。

しかしほとんどの場合は自分を犠牲にしなければらないということです。

なぜなら上司の肩を持ち、上司に合わせないといけないからです。

これって本当につらいですよね?

どう見ても上司の言っていることは間違っているのにそれを笑顔で受け入れ、支障が出るような自分の意見は一切言おうとしない。

ここまで徹底しないといけないわけです。

上司に対して我慢の連続!

ここまでしてようやく上司に気に入られ、出世する人も多いことでしょう。

しかし、それが正しいかどうかはその人の判断に委ねるところにもあると思います。

部下が上司を嫌い、ストレスを溜めこむ日本の現状

今の世の中、部下の事を本気で思ってくれる上司は本当に少なくなったように思えてなりません。

何かあるとすぐに部下のせい、自分は関係ない素振りを見せ、経営陣に部下のミスだけを報告する。

自分の評価を落としたくない自分可愛さに部下を踏み台にしてでも自分のポジションを保とうとする。

そんな上司が本当に多くなったような気がします。

またそんな上司を認める経営者にも問題がありますが経営者がそのような方針で進むと決めた以上、残念ですがそれに従うしかないのかもしれません。

部下と上司が合わないのは当たり前のことなのです。

そんなことでストレスを抱え込んだ結果、自分を悲観するようになるのだけは間違った行為と言えるでしょう。

駄目な上司に何を言っても無駄です。

無駄なエネルギーを使い続けた結果、自分を追い込むことだけは気を付けてくださいね~

コメント一覧