退職理由はこれで解決!会社を退職する際のベストな伝え方

皆さんこんにちは~

今の世の中、勤めている会社を退職したいと思いながらもなかなか退職を切り出す勇気がない方々は本当に多いものです。

嫌な上司に何と言って退職を切り出そう。

退職する勇気が湧かない・・・

そんな方たちをよく目にします。

確かに退職する理由は色々ありますがどう伝えればスムーズに退職できるのかは難しいところですよね?

今回はそんな退職にあたって後々、トラブルになりにくいベストな伝え方、また退職に伴い残っている分の有給休暇の消化方法についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社を退職する際の伝え方は病気を理由に伝え有給消化するのが一番!

退職するにあたって色んな理由があれど一番やってはいけないことは会社の不満や上司に対して批判的なことを伝えることです。

これがなぜまずいかと言えば後々、有給消化や退職金の問題が絡んでくるからです。

何年も勤めた会社であれば退職する際にかなりの有給休暇が残っていることでしょう。

これを使わない手はありません。

この有給休暇を消化できれば退職するまでの間、給料をもらいながら転職活動もできます。

最悪の場合、有給が切れてもそれそこから失業保険の手続きを行えますのでかなりゆったりと転職活動を行うことができるからです。

しかし会社と揉め事を起こしてしまうとこの有給休暇を会社側が付与してくれなかったりする場合もあります。

ですからここは穏便に事を荒立てず退職するのが一番良い方法と言えます。

そこで登場するのが病気を理由に退職することです!

もともと退職すると言った行為は何かしら会社や人間関係において不満を抱いたり、あるいは上司からのパワハラにより退職を迫られてしまうことがほとんどだからです。

ということは少なからず「心の病」に陥ってしまっていることでしょう。

これを退職の理由に、要はこう言えばいいのです。

長年会社に勤めさせて頂いてきましたが最近、何故かどうにも夜が寝付けず体重もかなり落ちてしまいました。

このまま会社にいても業務に専念できずご迷惑をおかけすると思いますので退職させて頂き当分は治療に専念したいと思います。

こう言えばいいのです。

会社は病気を理由に退職を引き止めることは出来ない

社員がいきなり退職したいと言い出せば会社側としてはどうにかしてでも残ってほしい所でしょう。

しかし病気が理由での退職、この場合は絶対に引き止めることは出来ません。

もし無理に引き止めたとしてその後、大きな病気に発展してしまったら会社が責任を持たなければならないからです。

会社はその点において非常に敏感ですのでヘタに引き留めたことで大きな問題に発展することを恐れ諦めざるを得ないのです。

ですからこれを使わない手はありません。

少なくとも精神的に参ってしまい退職を切り出しているわけですから理由としては病気による退職に違いはないのです。

そしてなぜかわらないけどそのような病気になったとなれば会社も退職する人間を責めることは出来ませんので結局、誰が悪いかとなれば「病気のせい」という結論に至るわけです。

ほとんどの場合これで穏便に退職できると思います。

しかしここで忘れてはならないのが有給消化です。

残った有給休暇を上手い具合に全て使い終わって退職しなければなりません。

有給休暇はどのように消化していけば良いのか?

会社の有給休暇は労働者に与えられた義務であり本来、会社側がこれを否定し休暇を提供するのを拒むことはできません。

しかし多くのブラック企業ではこれが当たり前に起きている現状にあり、泣く泣く有給を消化できず辞めてしまう人も少なくありません。

でも、先ほどお伝えした病気による理由の場合は会社側も腹を立ててその人を責めるわけにもいかず何も言い返せませんのですんなり認めてくれるはずです。

ここからが問題なのですが退職に伴い残った有給日数、例えば30日残っているとすればこれをフルで使って辞めなければなりません。

この時、会社にまかせっきりにするのは絶対に避けた方が良いでしょう。

有給休暇というのは会社指定の休暇日と日曜・祝日は取得出来ないようになっていますのでそれ以外の実際に仕事がある日を有給休暇と認めることができるわけです。

ですから自分で30日残っているのであればカレンダーで確認しながら有給消化申請書を作成するべきです。

会社指定のものがあればそれに記入して提出すれば良いのですができればわかりやすい書類(※カレンダーに丸印を記入等)を添付して会社側に一緒に出すと良いでしょう。

さいごに

退職する際のベストな伝え方、有給消化についての手順についてお伝えしました。

今まで退職に伴い何と言って辞めれば良いのかあれこれ悩んでいた方は参考にして頂ければと思います。

もし、心の病にかかり体重がげっそり落ちてしまった場合などはその旨を伝えるのも良いでしょう。

もともと会社を辞めるということは会社側はその社員のことを良くは思いませんしヘタをすれば衝突し合うものなのです。

ですから上手い具合に相手が納得できる理由を伝え退職してこそ!

頑張ってくださいね~

コメント一覧