絶対に給料を上げようとしないケチな経営者に期待などするな!

みなさんこんにちは~

今回は「ケチな経営者と給料との関係」についてのお話です。

いきなり質問ですがみなさんは会社の給料は毎月どれぐらいもらっているでしょうか?

20万から30万円?もしくは40万円以上?

ひどい場合になると10万円代の給料でひもじい思いをしながら生活をしている方々も少なくないはずです。

なぜだっ!?

なぜいくらやっても給料が上がらないんだっ!

毎日毎日会社のために一生懸命働いているのに一向に給料が上がる気配が微塵も感じられない・・・

その答えは一つしかありません。

それは経営者が最低なケチだからです。

ケチな経営者には何を言っても無駄!社員に還元する気などさらさらない!

この手の経営者には何を言っても何をやっても無駄です。

絶対に給料を高く支払おうとしないのです。

経営者は従業員のことなどこれっぽっちも考えておらず、それどころかどうにかして給料を安く支払うとします。

従業員の給料カット!カット!

これに尽きます。

大抵の場合は分配方式を採用します。

これはどう言ったものかと言えば例えば全社員の給料の総額をあらかじめ1,000万円と決めたら絶対にそれ以上は払いません。

限られた1,000万円をそれぞれの社員において仕事の出来具合によって分配するわけです。

となればいい思いをする社員もいれば不満の残る社員もいる。

賞与に関しても会社がどんなに儲かろうとも必要最低限の経費で済むというわけです。

ほんっと汚いですよね~まさに自分の私利私欲しか考えていない証拠と言っても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

ケチな社長が経営する中小・零細企業の実態

ケチな経営者による従業員への給料支払い額をどうにかしてアップできないものでしょうか?

結論から言えばそのような方法はありません。

大手の企業であれば労働組合というものが存在しますのであからさまに従業員に不利な賃金支払いの場合は従業員が一致団結し給与アップの申立、ストライキを起こすことにより給料の改善が図られることでしょう。

しかし中小・零細企業においてはそのようなきれいごとがまかり通るほど甘くはありません。

嫌ならやめろっ!

それがケチな経営者のいる会社の方針です。

従業員が不満を持ち給料のことを口にした途端、そんな社員を「悪い社員」として見るようになるのです。

こうなってしまっては元も子もありません。

ですから社員はどんなに給料が安かろうとも黙って我慢するしかないのです。

ケチな会社に望みを託せないなら時には転職することも必要

いつまでもケチな経営者のいる会社にしがみついていても時間を無駄にしてしまうだけです。

安い賃金でこき使われ気がつけば5年、10年と経った際、一体何が残ると言うのでしょうか?

確かに必要最低限の給料は保証してくれますが貯金がほとんど出来ないためその日暮らしの生活と何ら変わりがないのです。

あなたはそんな社長、そんな会社ににいつまでも依存できますか?

どうやっても給料アップが見込めないような会社はさっさと転職するべきです。

貴重な人生、ケチな社長に振り回され、後になって後悔しか残らないような人生だけは絶対に避けるべきと言えるでしょう。