異業種への転職において給料が安いのは当たり前のことなの!?

みんさんこんにちは~

転職活動を行っているみんさ~ん!毎日の仕事探し頑張っていますかぁ~?

今回はそんな仕事探しにおいて今迄に経験したことのない未知の分野、いわゆる「異業種への転職」について考えてみたいと思います。

わ・わしゃ・・初めての業種を希望するけど大丈夫かいのぉ?

いいえ、無理です!経験のないあなたは不採用です!

なぁ~んて言うのはザラで職探しをする上で過去に経験のない異業種への転職ほど厳しいものはないでしょう。

そしてもう一つ!

例えそんな異業種の仕事に採用されたとしても経験がないばかりに給料が物凄く安くなってしまうのです。

異業種と言え今までやってきた仕事と似たような物なのにただ経験がないと言うだけでスタート地点の初任給が安いのは納得できない!!

そんな怒りの声も多くみられがちです。

果たして異業種への転職における給料が安い理由はどこにあるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

異業種への転職は即戦力にならないと見なされるため給料が安い

そもそも異業種への転職はどうして給料が安くなるのでしょうか?

その原因となるものはやはり「即戦力」にあるでしょう。

今から転職をする業務に関して過去に経験がある、またはその業務内容に通じる資格を保有しているような人間は最初の契約の段階である一定の給料額を保障してくれる会社もあります。

そのような人間は入社後すぐに即戦力として第一線で活躍してれる可能性もあり、また会社側としても一から十まで手取り足取り指導する必要がありませんので教育期間を大幅に短縮できます。

これだけのメリットが備わっている人間であれば会社もすぐにでも来てほしいレベルにありますので以前、勤めていた会社の給料明細と同額の給料額にて初任給がスタートすることも少なくありません。

しかし問題は何のスキルもない人が異業種へ転職する場合です。

この場合は資格もなければ過去の経験もない、言わば「この人は本当に使えるのか?使えないのか?」わからない状態にありますのでいきなり高い給料を与えてしまうと全く使い物にならない人材だった場合、解雇したくても解雇できない状態に陥ってしまうわけです。

ですからまずは様子見も兼ねて最低ラインの給料でスタートすると言うわけですね~

やはり初対面ゆえに本当は優れた人材かもしれませんが試用期間を設けないとその人の本質を見抜けませんので未経験者の給料が安いことは当然と言えば当然のことなのです。

スポンサーリンク

異業種へ転職することのメリットとは?

今迄お伝えさせて頂いた内容を振り返ると未経験の人間が異業種へ転職することはあたかもマイナスのイメージ、デメリットしかないように思えます。

しかもある程度の年齢に達した方々の異業種への転職ともなると一体、何のメリットがあるのか?

無理してまで異業種に転職せずに今迄してきた業種の仕事で良いのでは?

と思われる方々も多い事でしょう。

でも、実際は40歳になろうが50歳になろうが給料は安くても思い切って異業種の世界に飛び込んでくる方々も多い現実にあるのです。

その理由としてはやはり、「未知の可能性への挑戦」や「好きな仕事に就いてみたい願望」を実現できる点にあるでしょう。

経験職だから、給料が下がるのが嫌だからと自分の本心に偽って仕事を続けるものほど無意味なものはないのです。

それがよほど高給取りの仕事で自分を納得できるような要素でもあれば別ですが・・・

例え給料が安くても仕事環境が苦しくても自分の好きな業種で満足の行く仕事内容であればこれほど幸せなものはないのです

仕事はお金では計り切れない一面もありますのでそう言った意味ではやはり最後は自分の好きな仕事に就くことが異業種への転職における最大のメリットとなることでしょう。

人生は長いようで短いものです。

毎日、嫌な仕事を文句ばかり言いながら生活のためだけに続けることは根性までもがひねくれて行ってしまうものです。

まとめ

異業種への転職はなぜ給料が安いのか?

また、そんな異業種へ転職することのメリットは何かについてお伝えしました。

誰もが一度は考える異業種への転職。

生活するにあたって異業種への転職は給料面の低下など悪い一面ばかりが注目されがちですが希望を持った異業種への転職であればデメリットがメリットにも変わると言うものです。

自分が異業種に転職する理由は何なのか?

明確な答えを持った転職は例え給料が安くともするべきだと思います。

人生は一度きりです!

一度ぐらい異業種の世界に飛び込んで見るのも今までにない変わった一面も見れて面白いかもしれませんよ~