転職するのが怖い!?不安になりがちな理由は2つだけ!

みなさんこんにちは~

今回は「転職をするのが怖くて不安!」と言った方々に向けてなぜ転職をすることが不安になってしまうのかついてお伝えしたいと思います。

今現在勤めている会社に何かしらの不満や自信を失い転職を決意する人たちは非常に多いものです。

しかし、いざ転職しようとなると足がすくんでしまい、なんだかんだと言い訳をし続け今の会社に踏みとどまってしまうケースも少なくありません。

その理由には「転職するのが怖い!」といった負の感情が大きく影響しているからなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職することが不安で怖いのは当たり前!

そもそも転職することがなぜ怖いのでしょうか?

その理由は以下の2つです。

  1. 今の慣れ親しんだ環境を抜け出し新しい環境に適応していく事への不安。
  2. 新たな会社に転職するにあたって金銭面や面接に行く勇気の無さから来る不安。

ひょっとしたら自分は新しい会社に馴染めないかも?

ひょっとしたら自分は会社の面接さえも受からないかも?

そんな不安だけが大きくなり、自分を自己嫌悪に落とし入れてしまうのです。

しかし転職をするということは不安で怖いのは誰しもが当たり前のことです。

不安を微塵も感じず転職に望むことができる人間はごく一部と言っても過言ではないでしょう。

転職に伴い不安や怖さを解消する対処法とは?

それでは転職に伴い怖さを乗り越え不安を解消する方法についてお伝えします。

まず、転職に伴う行動パターンは以下の2つのケースに分かれると思います。

1.在職中に次の仕事を見つける場合

この場合は万が一、転職面接に失敗しても今の会社で給料は保証されますので気持ちも楽なことでしょう。

どうせ嫌な思いをして辞める会社ですので万が一、転職活動がバレたらその時はその時です。

面接を受け続けることで転職への意欲がさらに湧くことでしょう。

2.次の仕事を見つけないまま退職し転職に臨む場合

この場合は何の保証もないまま何度も面接に落ちてしまうことで「本当に次の仕事が見つかるのだろうか?」と言った不安にさせられ、しまいには行動にさえも移せなくなって行くのです。

こうなってしまってはまさに泥沼状態。

なかなか抜け出すのは難しいと言えるでしょう。

ではどうすればこの状態を打破できるのか?

その答えは2つしかありません。

1つはお金です。

失業保険をもらえる見込みがある場合は最低でも60万円、勤務日数が少なく失業保険がもらえない場合は100万円ぐらいはないといざ、無職なってから焦りが出てしまうことでしょう。

いずれも約半年間、なぁ~んにも仕事せずとも生活できる状況にあれば焦りも軽減出来ます。

厳しいようですがこの状況が作れないのであれば在職期間中に次の転職先を見つけて辞めることです。

2つ目は履歴書や職務経歴書をあらかじめ用意しておくことです。

用意出来れば出来るほどいいですね。

5枚ぐらい書いて志望動機の欄だけ空欄にしておきそれぞれの会社を受ける際にそこだけ記入するようにします。

また面接に臨む際のスーツやシャツ・靴等、そういった服装一式も揃えておき、いつでも面接に行ける体制を整えておくと良いでしょう。

この履歴書や職務経歴書を用意する。

たったこれだけのことですがかなりの時間を費やし面倒になり面接に臨むのさえも嫌になってしまうものです。

要するに「何時でも面接に行ける体制を整えておくことが重要!」ということですね。

これが転職に伴う不安や怖さを解消する対処法と言えます。

面接が無くても面接への準備を怠るな!

面接に行く前の準備を怠ってしまうとやる気が失せ、何もしない日が続くことで不安だけが大きくなってしまうわけです。

転職することが不安でたまらないと言った背景には環境が変わることや先の見えない展開に自信を失ってしまうことへの不安が大きく影響していることでしょう。

しかしその前の準備段階にある資金面の備えや履歴書や職務経歴書を大量に用意しておき、スーツやネクタイ・革靴と一式揃えておく。

これをするかしないかで不安も大きく取り除けると言っても過言ではありません。

どうせいずれは転職するのです。

そんなに不安になることもありません。

しかし面接前の準備を怠ってしまうことは転職すること自体を放棄していると言っても過言ではないのですから。

コメント一覧