会社から遠隔地に人事異動を命じられた!?それは退職勧告です!

みなさんこんにちは~

今回はサラリーマンにとって避けては通れない「人事異動」、そんな人事異動の中でも特にきつい「遠隔地への人事異動」についてのお話です。

うわっ・・・

俺、人事異動になってしまったよ・・

人事異動と言っても様々で役職が上がり、明らかに自分を評価してくれていることがわかる場合は良しとしましょう。

しかし、問題は全く経験したこともない異なる部門への異動命令や最悪の場合、「遠隔地への異動命令」が出た時です。

この場合は冷静になって会社の意図を探る必要があると言えます。

その理由はほとんどの場合、人事異動を命じる事で遠回しに退職を勧めていることと何ら変わりがないからです!

あわよくば不利な条件下にある人事異動を素直に受け入れてくれることで他人が嫌がる仕事を押し付けることが出来る。

万が一、退職でもしてもらえれば「ラッキ~」なんて思っているのです。

会社にとって本当に必要な人間は遠隔地へ人事異動命令を出したりしない!

そもそも人事異動なんて会社にとって「使える人間」と「使えない人間」を分けているだけに過ぎません。

会社は使える人間に対しては人事異動を出した際に、満足の行く福利厚生を図ることでしょう。

しかしこれが逆の場合、使えない人間だと使い捨てようとします。

さすがに会社も「あなたを解雇します!」なんて言えないわけですから本人が出来もしない、嫌がるような仕事を平気でさせようとするのです。

そして極めつけは遠隔地へ人事異動命令を出そうとします!

まさに遠回しの退職勧告としか言いようがありません。

これをされたら会社を辞めるしかないわけです。

スポンサーリンク

遠隔地への人事異動命令が出たら選択肢は2つしかない!

もし、あなたが長年勤めた会社からたいして給料も上がらず、条件面も備わっていないのに遠隔地への人事異動命令が出た場合、やるべきことは2つしかありません。

それは以下の2つの選択肢です。

  1. 自分は会社にとって必要のない人間だと判断し即刻、会社を辞める。
  2. 人事異動に従い異動先で解雇覚悟で適当に仕事をする。

もう一つ、「我慢して黙々と仕事をする」と言った選択肢もあるかもしれませんが会社に期待されてもいない異動に応えようとするだけ無駄です。

結局、遠隔地への人事異動命令が出た場合は満足の行く給料アップが見込めなければ会社を退職するべきでしょう。

まぁ、生活もあるでしょうし異動に応じる手もありますが、考えてみれば会社にとって必要な人間は本社勤務や本人の希望する勤務先へ勤務させることでしょうから。

会社から遠隔地への人事異動命令は「あなたはもう用済みですよ!」と言ったサインの表れだと言う事も覚えておくと良いかもしれませんね。

さいごに

会社にとって仕事が出来ずお荷物であったり、愛社精神の持てない、会社に非協力的で反抗的な社員ほど遠隔地へ人事異動命令を出したがるものです。

私も過去に「給料は一切上げないが社用車を貸すので片道2時間弱の距離を車通勤してほしい!」なんて言われたこともあります。

営業所の所長を命じられましたが微塵も嬉しさを感じない人事異動だった思い出があります。

会社と言うものは不必要な社員に対しては本当に理不尽な命令を出すのが世の常です。

そんな会社にいつまでもしがみついているといつしか自分で自分を駄目にし兼ねません。

会社はあなたに対して何を望んでいるのか?

本当に会社のため、あなたのためを思って人事異動を出しているのかを自分の中で判断し結論を出してこそなのですから。