転職は面接時のマナーをわきまえろ!自己紹介がうざい人間は不採用!

みなさんこんにちは~

転職ってマナーが超重要だと言うことを知っていますか?

マナーを制する者は面接を制す!

な~んて言うと大袈裟かもしれませんが実際問題、このマナーほどその人の良し悪しを判断するものはないと言っても過言ではないでしょう。

特に面接での自己紹介でマナーを知らないことで自分の立場をわきまえず間違った発言や行動に出てしまう事で面接官の印象に悪影響を与えてしまうこともあるのです。

そこで今回は~

  1. マナーを守れない人間とはどう言った人間なのか?
  2. 正しい自己紹介とはどう言ったものなのか?

以上の2本立てでお伝えして行きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職では面接時のマナーが出来る人間ほど良い印象に見られやすい

マナーを守れる人間ほど見る側の印象を格段に上げるポイントとなるのは言うまでもないことでしょう。

でもここでこんなことを疑問に思う人も多いはず。

それが・・・

そもそもマナーってなに?

と言うことです。

マナーと聞くと一見すれば規律性がありきちんとした受け答えのできる人間のようにも思えます。

社会人としての最低限の知識、最低限の礼節をわきまえた人と言っても良いでしょう。

確かに世間一般では以上のような「マナーを守れる人間」ほど良い印象を相手に与え、転職の際の面接においてはこれらの要素は必要不可欠となるのです。

しかし本当の「マナー」とはこれだけではありません。

じゃあ何かと言えば・・・

話し相手の身になって考え、思いやりのある態度がとれる人間のことです!

よく「この人は話していて抵抗もなく心地よさがある!」なんて言葉を耳にすると思いますがあれって「いかに相手の立場に立って応対することが出来るのか?」が出来る人間のことを言うのです。

それは物腰であったり語り口調であったり笑顔であったり、様々な要素が絡み合い、マナーと言った形を形成し相手に良い印象を与えていると言うわけです。

スポンサーリンク

自己紹介で相手に話す余裕を与えない人間はうざい印象があり不採用になりやすい!

それではここで一発でマナーが守られていないと見られがちな自己紹介を例に挙げたいと思います。

マナーが守られない自己紹介ってどんなの?

なんて思われる方々がいるかもしれませんがこれがわかっているようでわかっていないケースが多いのです。

その代表的な例がこれです。

自己紹介で相手に話す余裕を与えられない人間です!

この手の人間は相手から見れば非常に「うざい!」と言った印象を受け、面接なんかにおいては一発で不採用になることだってあるレベルなのです。

自分の言いたいことを相手に伝えたい気持ちはわかります。

しかしそんな気持ちが度を越え、「とにかく自分の意見を一つでも二つでも多く伝えたい!」みたいな感じで面接官に接していると非常に不快な印象を与える事でしょう。

おいおい・・・この人、いつまで話してるんだ?

いつまでこの話は続くのかな?

いい加減、もうやめてほしい!

最初の内は真剣に話を聞いていた面接官も時間が経つにつれ悪印象を抱くようになるのです。

一度、そうなってしまったらおしまいです。

だって面接官はそれ以降はその人を「うざい人間」と思いながら面接をするからです。

実は面接って面接途中で「この人は駄目だ・・・」と思われるとその後は消化試合的に適当に受け流す面接官も多いのです。

意気揚々と自分の主張をするのも大切ですが聞く側に最悪なイメージを与えてしまっては逆効果なのです。

これが結局は不採用へと繋がってしまいますのでやはりマナーと言うものはそれだけ相手のことを思いやれる人間であってこそ成せる業なのでしょうね~