転職面接における逆質問って合否に関わるほど効果的なものなの?

みなさんこんにちは~

今回は転職面接における「逆質問」についてお伝えしたいと思います。

逆質問?なんじゃそりゃ?

わしが質問したいわ!

このように人によっては聞いたことがないような言葉かもしれません。

そもそも面接と言うものは面接官が面接者に質問を投げかけその問いに的を得た正確な回答をするのが一般的ですよね?

では逆質問とは何なのかと言えば・・・

自分が会社に対して疑問に思っていることや聞きたいことを面接官に伝えることです!

この逆質問を行う行為は採用の合否に直結するほど非常に効果がある反面、下手をすれば最悪のデメリットを招いてしまう恐れもあるのです。

それでは逆質問とは何なのか?

そのメリット・デメリットについて見て行きましょう~

こんな逆質問は逆効果?最悪の事態を招いてしまう場合もあり!?

それではどんな逆質問がNGなのかと言えば大きく分けて2つあります。

1つ目の悪い逆質問例

真っ先に問題となるのが面接官の話の腰を折ってしまうような行為です。面接官が話しているのに話を遮るように自分の質問をしてしまう。

これは絶対にやってはいけない行為の一つでしょう。

こんな事をされた面接官はまずもって不快な印象を受け、不採用リストに入れられること間違いなしです。

ですから面接官が話している最中にいきなり質問をしたりする行為は絶対にやめましょう。

質問に質問で返すようでは誰でも不快に思いますよね?余計な質問は逆効果です。

どうでもいいようなくだらない質問をするぐらいならニコニコしながら面接官の話を聞いてうなずいてあげた方がまだ印象は良いでしょう。

2つ目の悪い逆質問例

これは逆質問とはちょっと違うのですが面接の最後によく「何か質問はありませんか?」みたいに聞かれることが多いですよね?

そう言った場合に何と答えているかです。ここで間違っても言ってはいけないのが・・・

何もありません!

みたいに全く質問をしないことです。

まぁこれも言うなれば面接官に対して逆に質問するわけですから考えてみれば逆質問と言えますよね?

面接の終了間際にこの手の質問は必ず来ますので何か一つでも答えられるようにしておいた方が良いでしょう。

面接中の反応も薄く、終了間際の「何か質問がないですか?」と言った質問にさえも答えられない人間は「この面接者は大丈夫か?」と思われて当然ですからね。

面接官の話をきちんと聞き、話の内容を理解したことを相手にアピールする上でも面接間際の逆質問は非常に効果的だと言えるでしょう。

以上の2つの逆質問が最悪な事態を招きかねないと言っても過言ではないのです。

スポンサーリンク

良い逆質問とはどう言った質問を行うことなのか?

それでは今度は「良い逆質問」を例に挙げてみたいと思います。

良い逆質問・・・なんだろう・・

実は逆質問一つにおいても言葉と言うものは非常に効果的な一面を生み出し合否に直結することだってあるのです。

1つ目の良い逆質問

一つ目の良い例としてはまずは面接官の話を聞きじっくりと聞き、相手が話を終えてからこちらから質問を行うことです。

そうすることで非常にスムーズな流れで質問が出来ます。

とは言え、面接の序盤から質問をしていては面接官も質問したくても質問できない状況を招いてしまい兼ねませんので逆質問を行う際は極力、面接官の質問が一段落してから質問するようにしましょう。

やはりベストは面接が一通り終了した後が良いでしょう。

会話と言うものはキャッチボールです。

相手側から投げかけられた質問と言う名のボールをしっかりとキャッチした後に投げないとスムーズな会話も成り立たないことを覚えておくと良いでしょう。

2つ目の良い逆質問

相手の興味を惹くような質問を心掛け実行することです。

これは非常に効果てき面で面接官も何十人と面接をするわけですが同じような質問ばかり聞いても「またか・・・」と思ってしまいがちですのでここはひねりを効かせた質問を用意すると良いかもしれません。

一番は面接官が一瞬、「ん?」と考えさせられるようなインパクトのある質問だったり「待ってました~!」とばかりに得意げになって会話が弾むような質問を投げかけることです。

例えば「今現在、こちらに応募された方々はどのくらいでしょうか?」とか「もし入社させて頂いた際は自分は〇〇をしたいのですがアドバイスをご教授頂ければ幸いです!」みたいに一風変わった質問を投げかけるのも印象に残り効果的だと思います。

以上2点が面接における良い逆質問の例でした。

さいごに

面接って非常に緊張するし「あまり下手なことを言わない方がいいのかも・・・」なんて思いがちですが実際は違うんですよね。

面接官から見て非常に誠実でユーモアがあり「なかなかこの人はいい感じだなぁ」と思われてこそ好印象を与えることが出来ると言えるでしょう。

特に中途採用面接に至ってはそこまでかしこまった面接対応など必要ないと思います。

逆質問を効果的に使用することは転職面接において非常に有利な状況に持っていけますので今回、お伝えさせて頂いた逆質問の良い例・悪い例を思い出しながら今後の転職面接に活かして頂ければと思います。