なぜ40歳を超えて無職になるとうつ病になりやすいのか?

皆さんこんにちは~

今回は「40歳を超えて無職になるとどうしてうつ病になりやすいのか?」についてお伝えします。

うつ病という病気は年齢を問わず誰でもなってしまう現代の病ですが年齢別にみると10代を境に年齢が増すごとにうつ病にかかりやすいと言っても過言ではないでしょう。

そんな中でも40代、この年代というのは失業してしまうことでなかなか自分の希望する仕事に就けず無職になり、うつ病を患ってしまうものです。

そこには一体何が隠されているのか?

その不安要素をについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

40歳を超えて無職になるとうつ病になりやすい原因

40歳を超えて無職になりうつ病を患ってしまう原因の一つとして挙げられるのが気力・体力の衰えです。

20代・30代前半であれば失業しても年齢的にまだ再就職しやすい年代にあるため何かしら仕事に就きやすいと言えます。

しかし40歳を超え何のスキルもない、仕事の経験も浅い人間が無職の状態で仕事を探したところでなかなか自分の希望する職種にたどり着くことはできないでしょう。

その結果、誰からも相手にされない毎日に耐えられなくなりうつ病を患ってしまうのです。

40代といえば気力・体力・精神力共に落ちていく年齢です。

自分が人生のどん底に落ちた時、這い上がろうとする気力も体力もなければ自分ではどうすることもできないのです。

家に引きこもる毎日・・・

将来に何の期待も持てない毎日・・・

こんな状況になれば誰だってうつ病になることでしょう。

40歳でうつ病になる前に自分に出来る改善法とは?

40歳を超えてうつ病になってしまい身動きが取れない状況になってしまったらもうどうすることもできないと言っても過言ではありません。

誰かが力を貸してくれれば別ですが誰一人、助けを求めることができない状況にあればうつ病を克服することは非常に難しいと言えるでしょう。

ではどうすれば40歳でうつ病になるのを克服することができるのか?

その答えはやはり仕事しかないと思います。

仕事こそが環境を変えてくれるのです。

そう簡単に正社員になれないのでは?

そう思う方々もいるでしょうが40歳でも雇ってくれる会社はいくらでもあります。

下を見ればキリがありませんがタクシー運転手や建設現場での日雇い労働、あるいは警備員として働くことです。

そんな仕事は嫌だ!」と思われる方がいるかもしれません。

しかし、警備員の仕事なんて面接時に採用されるケースも多く、やってみれば案外、充実した気分を味わえるものです。

朝8時から夕方17時まで、場合によってはその前に終わることだってあります。

それで一日分の給料が保証されたりするケースもあります。

確かに立っている状態を維持しているのは辛いかもしれませんが無職でうつ病のまま自宅に何日もいる方がもっと辛いはずです。

世間では「人から嫌われる仕事」なんていう見方があるかもしれませんが仕事は人それぞれ、自分に合ったレベルで働いてこそです。

もし自分がうつ病になってしまったらその時は今回お伝えしたような仕事にチャレンジしてみるのも解決への糸口となるでしょう。

さいごに

40歳で無職になりうつ病を患ってしまうケースはほとんどの場合、職も無く、お金も無い虚しさから来るものです。

まずは自分に出来る仕事に就くこと!

世間で人から嫌われる仕事だっていいじゃないですか!

負担の少ない仕事は給料は安いかもしれませんがそこで働く従業員の方々は自分と境遇が似たような人たちも多く悩みを共有できたりするものです。

自分に合った仕事、自分に合う人達と仕事をする。

これほど素晴らしいことはありません。

うつ病克服への近道は勇気のある第一歩を踏み出してこそです。

私も無職ですが一緒に頑張って行きましょう~

コメント一覧