履歴書の書き方はありきたりな事を書いても面接官の興味を惹かない!!

みなさんこんにちは~

今回は会社に応募する際に最も重要になるであろう「履歴書の書き方」についてのお話です。

みなさんは履歴書をどのように書いていますか?

ほとんどの方々ががこう思うのではないでしょうか?

あぁ~もう履歴書なんて書きたくね~面倒くさい!

ネットの例文を参考に書けば良いかも!?

大抵の方々がそう思うことでしょう。

そして汚い字で文脈の通っていない何の面白みもない文章を書くのです。

はっきり言いましょう。

そんなありきたりな履歴書、採用する側から見れば何が面白いのか?と。

いいですか?採用する側に立って考えて見てください。

似たような文章が何十枚も送られてきたらせいぜい見て判断するところと言えば顔がイケメン・美女か学歴、前職は何をしていたかぐらいでしょう。

となれば面接に入る前から何もしなくともふるいにかけられてしまうというわけです。

そんなつまらない面接する側の興味を惹かないようなありきたりな履歴書なんて金輪際、書くのをやめましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面白い履歴書とはどういった書き方をしたものか?

まぁこんな偉そうなことを言っている私ですが過去に私が正社員を12社に渡って転職してきたときは少なからずその辺の履歴書よりはまだマシな書き方をしていた自信があります。

そして今や40歳を超え、会社で面接をする側に回っていますが中途採用で面接を行う際の履歴書を見ては「この人本当にうちの会社で仕事がしたいのか?」と感じる事が多々あります。

それはやはりその履歴書が見ていてつまらないからです!!

履歴書と言うものは応募者の過去の経歴だけに留まらずその人の思考や人間性が出るものです。

じゃあ面白い履歴書って何なんだよ?

それはその会社に関連性のある内容を自己PR欄に記入したりあえて言葉遣いを面接官の興味を惹くような内容で作成したりすることです。

例えばわかりやすい例としてあなたが今から「白アリ駆除の害虫駆除会社」に入社を希望し履歴書を持って面接をするとしましょう。(※あくまでも例ですよ(笑))

その時、あなたは志望動機に何と記入するでしょうか?

ここで「前職の経験を活かし御社に貢献できるよう尽力させて頂きたい次第です。」みたいなことを書くのが普通じゃないでしょうか?

しかしそんなもの面接官からすれば「はぁ・・・そうですか」と思う程度なのです。

だって面接官はあなたと初対面だしその人がどのくらい出来る人間かなんてわからないわけですから優れた人間かどうかなんせいぜい見た目で判断するぐらいしかできません。

しかしこう答えたらどうでしょうか?

私は過去に自宅で梅雨時に白アリが大量発生しまして、その際に床下に白アリがいるんじゃないかと床下に潜ってみたのですが10分もしないうちにあまりの息苦しさに調査を断念したことがあります。

でも何だか床下に潜るといった初めての体験に妙に興味が湧いた覚えがあります。

その際に思ったのが「白アリ駆除の業者の方々って体力的にも大変な仕事をしているんだなぁ」と感じ、今こうして御社に応募させて頂いたのもあの頃の体験から志望を希望した自分がいると実感してなりません。

未知の分野ですが自分が興味を持った業務内容でしたので御社で精一杯、精進させて頂きたい次第で応募させて頂きました。

みたいなことを書いたり答えたりしたらどうでしょうか?

面接官は「おっ!?面白いな」と感じ、面接終了後に同僚たちにもあなたの履歴書を見せ笑いながら談笑することでしょう。

「精進する!」なんていう言葉遣いもわざとですがこういった小さな変化も面接する側は見落とさないものです。

私は過去に「精進させて頂きたい」と履歴書に記入した際に採用後、「おまえはお相撲さんか!」と上司に言われたことがありましたがそれぐらい言葉一つでも印象に残るものなのです。

スポンサーリンク

まとめ

自分をどうアピールしたいかを考えた時、ありきたりな履歴書の記入は面接する側の目に止まることはありません。

それよりもその希望する会社で自分が何をしたいのか?

その意気込みを全面的に押し出す形で表現してこそです。

履歴書をどうやったら綺麗にそしてミスのない記入・作成が出来るのか?

そんな自分視点に立った履歴書なんて見る側の興味を惹くような履歴書になるわけがありません。

履歴書は面接を希望する側の会社の立場に合わせて記入してこそです!!

「その会社がどんな人材を欲しているのか?」を考えた時、おのずとその結果はその会社にとって使いやすそうで明るく元気のありそうな人材を求めていることは言うまでもありません。

履歴書を記入の際はぜひ、希望する会社視点に立った思考で時間をかけて自分の想いを書き綴ってみてはいかがでしょうか?