職歴ってバレるの?正社員や派遣の面接を受ける際にどうなるのかw

転職活動に励んでいる諸君!

職探し頑張っているかい?

このブログに辿り着いた方々はおそらく今から面接を受けようとる人、もしくは既に面接を受けまくっている人達が多いんじゃないかな?

そして、こんな素朴な疑問を持たれてこのページを見に来られたことでしょうw

正社員や派遣の仕事を受ける際に出す履歴書や職務経歴書、あの職歴の欄に記入する必要がある職歴欄。

あの職歴欄に「正しい職歴を書かないとバレるの?」と言ったようなお悩みではないでしょうか?

お主も悪よのぅ・・・と突っ込みたくなるところですがw

そもそも職歴詐称なんて許されるわけがないのです!

と言うのがごく一般的な回答でしょう。

しかしそれではせっかくここに来ていただいた方々のお役に立てませんので「職歴がバレるのかバレないのか?」で結論を言うならば・・・

職歴はバレると言えばバレるしバレないと言えばバレない!

どっちやねん!

と突っ込みたくなるでしょうがこれには深~い理由があるのです。

職歴は履歴書や職務経歴書を工夫することで例えバレても何ら問題はない

そもそもどうして職歴がバレるといけないのでしょうか?

まぁおそらくは以下のような理由があるからではないでしょうか?

  • ろくな職歴がない
  • 職を転々としていて転職回数が多いから
  • 正社員に就いたことが無くアルバイトしか経験がない
  • 無職期間が異様に長い
  • 過去に知られたくないような仕事に就いていた

以上のような理由から職歴がバレるのを恐れているのではないでしょうか?

えっ!?よくわかりますねって?

そりゃあ何と言っても私は過去に正社員を12社、転職して来ましたから!(※なんの自慢にもならんw)

まぁ人間、いろんな理由があり今に至っているわけですから職歴を書きたくない気持ちはわからないでもないです。

でもね、

何度も言いますが職歴詐称は絶対にダメです!

ダメと言ったらダメなのです!

じゃあ「正直に全ての職歴を記入しないといけないのか?」そんなことはありません。

履歴書の職歴欄や職務経歴書の記入欄をちょこっと工夫して書けば良いのです。

例えばアルバイトを1か月程度で辞めたのなら別に書く必要もないでしょうし面接時に「この無職期間は何をしていたのかね?」と聞かれても「へぇ・・・アルバイトをしながら転職活動をしていました!」と答えればいいのです。

やってもいない事を嘘を書くのはいけませんが実際に働いたアルバイト程度なら面接時に聞かれても口頭で伝えればいいわけですから!

正社員の転職回数だって同じ職種であれば営業職とかサービス関係とかひとくくりにして履歴書や職務経歴書に書けばいいですよね?

嘘を書いているわけではないのでこれなら堂々と「職歴もバレている状態」にあるので何ら心配する必要なんてないですよね?

あとは面接する側がどう判断するかどうかの問題であって気になれば深く突っ込んだ質問が来ることでしょうから。

何の後ろめたさも感じることなく正々堂々と真正面から面接に挑めば良いのです。

スポンサーリンク

たかだか転職面接ごときで過去の職歴を入念に調べる会社などない

ここからは実際に私が過去に12社の会社を転々としてきてその時の面接でどうだったのかをお伝えします。

まぁ正社員と言っても大手ではないですよ?

大手は1社だけだで他は中小・零細企業の面接でしたけどね~

そんないくつもの会社を面接してみて思ったことは・・・

たかだか転職面接ごときで過去の職歴がどうかだなんて詳細に確認されることはない!

と言うことです。

面接者がいつ・どんな仕事をしていたのか?その正誤性をいちいち調べるほど会社側も暇じゃないからです。

まぁ過去に同業種であれば色々と細かく聞かれることもあるでしょうけど、それでも聞いてくる事は仕事の中身であって正確な在籍期間まではさほど重要ではないのです。

へぇ~7・8年前に同業種の会社にいたんだ・・・ぐらいなものです。

ですからまだ採用したわけでもない人間の過去の職歴を入念に調べることなんてよほどのことでもない限りないでしょう。

そんなことよりも肝心なのは「今の自分がどうなのか?」が全てです。

面接を受ける会社から見て「必要な人材レベルにあるのか?」、「人間性はどうなのか?」を見て決めるのであって履歴書の書き方がどうのこうのそんな小さなことは気にするべきではないのです。

それにもし採用されても採用した人間をふるいにかけるような真似は会社側もしないでしょうし、入社してもらったら早く一人前になれるよう期待しているものなのですから。

さいごに

正社員にせよ派遣業にせよ職歴がバレるかどうかなんて考えること自体、自分の評価を落としているだけです。

面接では胸を張って堂々と受け答えしてこそです。

過去の職務経歴を詳細に書こうが最小限の内容で書こうがそれは書き手の自由。(※ただし、何度も言いますが職歴詐称は絶対に駄目!)

そしてそんな履歴書を判断するのは会社なのです!

面接時にコソコソと隠し事をしているような態度では本来の自分をアピールできないものです。

さぁ~今後は今回お伝えさせて頂いた履歴書・職務経歴書作成にて堂々と面接に挑んでくださいね~