履歴書作成は手書き?それともパソコン?どっちがいいの?

みなさんこんにちは~

今回は「中途採用面接に必要な履歴書作成において手書きで作成した方が良いのか?それともパソコンでさらっと作成した方が良いのか?」について比較・検討してみたいと思います。

そもそも履歴書の作成自体、好きな人なんていないでしょうけどこればかりは作成しないことには面接を受けることが出来ませんのでやむを得ず作成するしかありません。

で、この時みんなが思うのが・・・

履歴書の記入って面倒でやってらんね~

あちゃ~1文字間違えた~!

ま~た書き直しだぁ~

なんてのが世の常でして・・・履歴書作成に悪戦苦闘させられること間違いなし!

どうにもこうにもやってられない感が漂うものですが時代の流れにより画期的な物が登場しました。

そう、パソコンです!

これを使えば例え文字を打ち間違えようが訂正出来るしストレスなく作成出来ます。また、一度作成してしまえば印刷すれば何度でも再利用可能!

いや~素晴らしいですね。

これほど求職者の方々のお助けアイテムになる物はないことでしょう。

が、しかし・・・ここで疑問が浮かび上がります。

履歴書作成って手書きでなくても良いのか?」と言うことです。

それでは実際のところ手書きとパソコンどちらが良いのかを見て行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手書き・パソコンにおける履歴書作成にあたってのメリット・デメリット比較

ではまず初めに手書きとパソコン、それぞれによる履歴書作成にあたってのメリット・デメリットについて見て行きましょう。

手書きによる履歴書作成時のメリット

  • 字に熱い思いを込められる(※特にきれいな字を書く人は見る側に好印象を与えやすい。)
  • 他の見本からの引用ではなくあたかも自分の意志で作成した文章に見られやすい。
  • 文字を見ることでその人の人間性が見られる場面もある。

手書きによる履歴書作成時のデメリット

  • とにかく時間がかかるので書いている内にダレて来る。
  • 最終局面で1文字でも間違えるとま~た一から作り直す必要がある。(※うぎゃ~)
  • インクのせいで文字がにじんでしまうことも・・・
  • 学歴や職務経歴書の記入にあたって以前の履歴書を書き写す手間が面倒。
  • 履歴書代にお金がかかる。

手書きによる履歴書作成は自分をアピールするにはもってこいですが作成にあたって時間がかかり何かとアクシデントが起きた際にごまかしが効かない特徴があります。

では次にパソコンによる履歴書作成の場合はどうでしょうか?

パソコンによる履歴書作成時のメリット

  • 手書きに比べ大幅な時間短縮に繋がり作成が全く苦にならない。
  • 例え文字を間違えても手書きと違って修復可能!(※これ超お得)
  • 一度作成しておけば学歴や過去の職務経歴を調べる必要がない。(※これもいい!)
  • 履歴書用紙を買う必要がないので財布にやさしい。

パソコンによる履歴書作成時のデメリット

  • その人がどんな文字を書くのか見えないので特徴がわかりづらい。
  • 注意して作成しないと以前、受けた会社の志望動機をそのまま使用してしまうことも・・・
  • 手書きをしないことで非常識な人間だと思われる場合もある(※団塊世代の面接官など)
  • パソコンを使用することで面倒なことを避ける人間に思われがち

以上が手書き・パソコンそれぞれのメリット・デメリットについてでした。

スポンサーリンク

実際のところ手書き・パソコンによる履歴書作成はどちらが良いのか?

先程、手書き・パソコンによる履歴書作成のメリット・デメリットについてお伝えしました。

では、実際のところどちらを選択した方が良いのか?と言えば・・・

結局のところどちらでも良い!のが答えです。

であるならば断然、パソコンによる履歴書作成に軍配が上がるような気がしますよね?

理論上は効率的な面を重視しパソコンでの履歴書作成が良いでしょう。

しかし、私は絶対に手書きによる履歴書作成をおすすめします!

考え方が古いと言われればそれまでですが多くの方々がどちらでも良いと言いつつ、その中に「出来れば手書きによる作成の方が良い!」と言った意見も多い現状にあるのです。

まだまだ手書きを重視する方々が多いんですよ!

だってそうでしょう?

パソコンであらかじめ用意された内容をちょこっと変えるだけで印刷して「はいっ!完成!」なんて何の味気もない履歴書でしかありません。

それに対して手書きの履歴書と言うのは書き手の思いが伝わるものです。

字の綺麗、下手はあるでしょうが自分の気持ちを一生懸命、字に託した履歴書と言いうものは見ていて共感が持てるものです。

そして、昔からこんなことわざがありますよね?

手書きの文字はその人の性格や特性を端的に表すと!

自分の文字もさらけ出せないような人間がおいそれと履歴書を差し出すなんて私からすれば信用できません。

まぁ今だにこんな履歴書に対する偏見をもった人間も少なからずいると言うことです。

だったらリスクのあるパソコンで履歴書作成するよりも例え何枚失敗しようが時間をかけ丁寧に作り上げた履歴書の方が味がありますよね?

それに自分で書いた志望動機は面接の最中、その文字を見た面接官の目にも止まりやすく機械で作成した文章よりも興味を惹かれることでしょう。

面接はアピールの場です。

であるならばほんの少しでも有利になる手書きの方を選択してこそではないでしょうか?

まとめ

履歴書作成において手書き・パソコンそれぞれのメリット・デメリットについてお伝えさせて頂きました。

結局のところ履歴書作成にあたっては手書きでもパソコンでも良い!

しかし、出来る事なら手書きの方がいいよ!

と言った回答となりました。

これを見てあなたがどちらを選択するのかは自分次第ですがどうせなら手間もかかるかもしれませんが手書きによる作成にチャレンジして見てはいかがでしょうか?

頑張ってみてください~