仕事を覚えられずミスをする人は何が悪い?その原因は一つしかない!

みなさんこんにちは~

今回は「仕事を覚えられない人」にスポットを当てたお話をさせて頂きたいと思います。

世の中には自分では一生懸命に仕事をしているつもりでもなぜかミスを連発し上司に怒られたり周りの同僚に迷惑をかけてしまう人たちが多いものです。

そしてやがてはこんなことを言われるようになります。

この人は本当に仕事を覚える気があるのか?

とか

ふざけて仕事をやっているのではないか?

みたいに言われがちです。

毎回のように仕事でミスをする度に注意を受けていては誰でも自己嫌悪に陥ってしまうことでしょう 。

ではなぜ自分では真面目にやっているつもりでも仕事を覚えられずにミスを連発してしまう人たちが多いのでしょうか?

実はその原因は意外なところに隠されていたのです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

周囲の人間関係の悪さが仕事でミスを誘発する結果を招いてしまう現実

仕事でミスをする人って一体何が悪いのでしょうか?

この答えに多くの人たちが口をそろえてこう言うことでしょう。

仕事に対するスキルがあまりにも低すぎるんじゃないの?

あたかも本人だけが悪いように見られ、本人の努力が足りないことで仕事ができないと思われがちです。

しかし本当にそうでしょうか?

実際は違います!

実は仕事を覚えられず何度もミスをする人の原因は周囲の人間関係にあったのです!

考えてもみてください。

普通の人よりも仕事のミスが多い人って周囲の人間からどんな扱いを受けていますか?

人として見下され、笑いのネタにされる。

何度もミスをすることをいいことに面白がって必要以上に怒られたり罵しられる。

これが最大の原因です。

要は仕事ができない人に毎回のようにちょっかいを出す人間はそんなやさしい人間性につけ込み自分よりも下に置くことで自分の会社での存在をアピールしているのです。

こんな人達が周囲にいてどうしてまともに落ち着いて仕事なんかできるでしょうか?

仕事を覚えようとすることを邪魔し何度もミスをしてしまうように仕向けているに過ぎないのです。

スポンサーリンク

労働環境の悪い会社はさっさと辞めてしまえ!

人間にはいろんなタイプの人達が存在するものです。

仕事ができる人もいれば仕事ができない人もいる。

人には向き不向きがありますので仕事においても得意・不得意というものは必ず出てきます。

しかし人は生活をしていく上で収入を得なければならない。

そのためには自分の不向きな仕事を引き受けなければならない時だってあるのです。

自分に合っている仕事であれば良いかもしれませんがもし合わない仕事だとしたら?

その時は一人前になるまでに普通の人の2倍3倍と時間がかかることもあるでしょう。

しかしだからといって同じ会社の人間というだけでどうしてこのような仕事のできない人を執拗に責め続ける権利があるのでしょうか?

そんなことも理解できない社員が何人もいるような会社はさっさと辞めるべきです。

労働環境というものは人間関係がもっと大きく左右すると言われています。

他人の失敗を笑い、人を見下すような人間が集まった会社など仕事のできない人にとって格好の的になることを覚えておかなければなりません。

確かに仕事ができない原因はその人、本人の努力不足が原因となることもありますが多くの場合はほとんどが会社の上司、また同僚たちのいじめのターゲットとなっているからに過ぎないのです。 

自分に合った会社は必ず存在する

今の世の中、自分に合う合わないは別にして仕事なんていくらでもあるものです。

まずは無理をせず自分にできそうな仕事。

そして実際に会社に入社したらその会社がどのような人たちで構成されているのかをよく観察することです。

他人に攻撃的な社員が多かったり、 経営者が社員のことを人として扱わないようなそんな会社は絶対に避けるべきでしょう。

自分に合った会社というものは必ず存在するものです 。

何度も転職する人は恥だ!」そんな昔のような考え方はもう古いのです。

自分に何の迷いもなく純粋に仕事に取り組める環境にある仕事なのか?

そんな仕事をそんな会社を見つけてこそ明るく楽しい人生を歩めるのですから。