会社に肥満な人が多いのは過度のストレスを与えられ続けているから!

みなさんこんにちは~

今回のお題は「会社にいる肥満な人」にスポットを当てたお話をさせて頂きます。

まず初めに私も他人のことを言えた義理ではありませんが会社勤めの人って肥満体系があまりにも多いですよね?

経験上、5人に1人、ひどい会社になると3人に1人ぐらいの割合で肥満体型の人がいるように思えます。

この会社に肥満な人達が多い理由って何だと思いますか?

一言で言えば・・・

自己管理が出来ていないからじゃ!

食っちゃ寝、食っちゃ寝してるから太るんでしょ!

このようにいかにも自分自身の管理が出来ていないかのように思われがちです。

しかし・・・実は会社で肥満な人が多いのはそれだけが理由ではなかったのです!

人は過度のストレスを与えられ続けることで肥満へと走る傾向にある

人が太る原因の基本は食べ過ぎないこと。

必要以上にカロリーを摂取してはいけないことは誰しも理解していることでしょう。

一日単位で見た際に「一日の消費カロリーの合計<一日の摂取カロリーの合計」のように摂取カロリーが消費カロリーを上回れば間違いなく肥満になります。

と、ここまでは一般的に食べる食べないの話になるわけですが・・・

問題は会社勤めで肥満になるケースです。

実はこの場合、カロリー摂取の問題よりも「抱えるストレス」に問題があったのです!

それはどういうことかと言えば以下の通りです!

毎日、毎日、会社で嫌な上司に怒られ続けたり、言うことをきかない部下の面倒を見ることに疲れ果てる。

評価を巡って人と人との競争の毎日。

息つく暇もないほど働かされ心身ともにズタボロになって行き、挙句の果てには大きなストレスを抱え脳が思考停止するようになります。

そうすれば脳は甘い物や過剰に食物を摂取し満腹感を得ることで会社で起きる様々な問題から生じる「満たされない心」を満たそうとする・・・

というわけです。

人間には金欲・睡眠欲・食欲など様々な「欲」があり、その中でも最も手っ取り早く満たすことのできる欲が「食欲」なのです。

どうですか?当てはまる方々も多いのではないでしょうか?

これが会社でストレスを抱え肥満になってしまう原因なのです。

スポンサーリンク

過度のストレスを蓄える人は自宅にこもるため肥満を解消できない

会社で起きる様々な問題、そしてそんな問題から生じるストレス。

これは解決しようにもなかなか難しいものがあり、結局は食べ過ぎてしまい過食症やメタボリック症候群に陥ってしまいます。

社内の人間関係であれば尚更のこと改善するのは容易ではないことでしょう。

とにかく疲れる・・・疲れる・・

こうなれば自宅にこもるのは目に見えて明らかです。

仕事が終わっても何もする気が起きず、休日などひどい場合にはお菓子やジュースを買い込んで自宅で動画やDVDを見続けたりします

じ~っとしたままの体勢でカロリーを消費するどころか摂取し続けるのです。

会社でストレスを抱えるたびに仕事以外のことには無気力になり「何もしないことで体を休めること」でしかストレスを解消しようとしないのです。

ここに過度のストレスを蓄える人間が肥満へと導かれる落ち度が隠されていると言えるでしょう。

とにかく自宅にこもらず一歩外へ!

これができてこそ会社で抱えるストレスを解消できないまでも肥満体型になることだけは防げるでしょう。

肥満化を防ぐためにとにかく自宅にいないことを習慣化させよう!

まぁ何にせよ会社で抱えるストレスと言うものは解消しようにも解消できないのが現実です。

無理に解消しようとした結果、さらにストレスを増大させてしまっては元も子もありません。

ストレスを抱えればどうしても「体を動かさない=カロリーを消費しなくなる」わけですのでとにかく家にいないことです。

本屋に行くも良し、デパートに行くも良し、近所の公園に行くもよし!

自宅から出さえすれば目に見える景色も変わり脳が働き、歩き回ることでカロリーも消費できます。

会社で嫌なことがあり家でくよくよと悩んでいても何ら変化することなどないのです。

人は生きて行く上で必ずストレスを抱えるもの。

しかし、その後の行動一つで肥満化を防げることを頭の片隅にでも覚えておくと良いかもしれませんよ~

肥満・ダメっ!絶対!