会社が会社都合ではなく自己都合で退職させようとする理由とは?

みなさんこんにちは~

みなさんは会社を辞めたがっている社員に対して会社側のこんな言葉を耳にしたことがないでしょうか?

会社都合による退職は一切認めない!

退職するのであれば自己都合で退職しろっ!

こんな非情な言葉を浴びせてくる会社が存在するのも事実です。

それではなぜ会社は会社都合による退職を認めようとしないのでしょうか?

退職したがる人間に全ての問題があるのであれば話は別ですが少なからず会社側にも原因があり退職を追い込まれるケースもあることでしょう。

それなのになぜ一方的な自己都合を進めようとするのか?

そこには退職に伴い会社側に隠されたある理由が存在するからなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ会社都合による退職を認めようとしないのか?

そもそもなぜ会社側は会社都合による退職を認めようとしないのか?

原因はいくつかあれど例を挙げれば以下のようなものでしょう。

  • 辞めるのは本人の問題であり会社が悪いわけではない。
  • 会社都合で退職させてしまうと会社の悪い評判につながる。
  • 会社都合で退職させてしまうと会社の非を認めたことになる。

以上のような理由が挙げられることでしょう。

実はこれ、結局は会社にとって辞めていく人間のことなどどうだって良いのです。

辞めたい!」と言った言葉を会社に意思表示した時点で、会社が退職の意を受け入れた時点でその人を会社が見る目はガラリと変わります。

使い捨てと言わんばかりに風当たりが冷たくなり、「辞めるならさっさと辞めろ!」と言ったような流れに持って行こうとするのです。

会社というものは利益追求型、そこに私情を挟み辞めていく人間の気持ちを汲み取ってあげるほど余裕はないのです。

さらには会社を辞めて逃げ出そうとする人間に対して嫉妬や怒りが湧いてくる経営者や上司・同僚・部下の方々も少なくありません。

そういった怒りの矛先を辞めていく人間にここぞとばかりにぶつけようとします。

だからこそ万が一会社側に非があったとしても自己都合での退職を強く勧めるわけです。

スポンサーリンク

会社都合による退職と自己都合での退職には雲泥の差が!?

それではここからは会社都合による退職と自己都合による退職とではどこがどう違うのかついてお伝えします。

そんなものやめてしまえば一緒じゃないの?

そう思われる方も少なくないことでしょう。

次の転職先を見つけた状態で辞めるのであれば何ら問題はありません。

しかし、問題は次の転職先さえも見つけないまま辞めてしまうことです。

ここで勢い余ってやめてしまった場合、次のような修羅場が待っています。

会社都合の場合であれば一週間の失業給付待機期間を経て1か月後には失業保険が給付されます。

よって収入が途絶えることはありませんので生活苦に陥ってしまうことはないでしょう。

しかし自己都合による退職の場合、この場合は会社を辞めてから基本的に3ヶ月間は待たないと失業保険の給付が受けられません。

3ヶ月間無収入で生活を乗り切らないといけないわけです

嫌な会社から解放されるのは精神的には楽になるかもしれませんがお金がないことには生活ができません。

家賃や食費・携帯代そういったもろもろを支払おうとすれば否応なしにも貯金を切り崩すなければならないのです。

そんな貯金がほとんどない状態で自己都合による退職をしてしまった場合は目も当てられない状況になることは明らかでしょう。

だからこそ自己都合による退職の場合は覚悟が必要なのです。

会社都合による退職を認めてくれるケースはほとんどの場合、会社が倒産したり、会社側に原因があり働けない状況に陥ってしまったことを認めた時だけなのです。

個人が会社と戦ってどんなに「会社都合による退職を認めてほしい!」と主張したところで勝てるはずもありません。

結局は泣く泣く自己都合で退職し苦しい生活が待っているだけなのです。

さいごに一言

賢く辞めるのであればどんなに今現在勤めている会社が嫌であろうとも次を見つけて辞めることです。

どうせ辞める会社です。

何を言われようが毅然とした態度で接していれば良いのです。

今まで会社にいいようにこき使われ嫌な思いをし続け、辞める時にまで嫌味を言われ辞めていく・・・

そんな最悪なシナリオだけは絶対に阻止してほしいものですね。