新型コロナウイルスによりテレワークで安全性を高める取り込みへ

おのれ~新型コロナウイルスめ~!

日本、いや世界各国で問題となっている新型コロナウイルス。

この危険極まりないウイルスのせいで国は今迄のように会社にて勤務する形態だけではなく在宅での勤務を推進しているのをご存じだろうか?

新型コロナウイルスのはっきりとした感染経路・原因がわからないとあっては在宅勤務による「テレワーク」もやむを得ない状況にあるだろう。

もしこれが実現できれば中途採用で人間関係などの煩わしい問題に悩むこともなくなりハッピーな転職も可能になりそうですよね?

その内、ハローワークの求人欄に「テレワーク勤務可」とか「テレワーク業務」みたいなのが出てくるかもしれません。

しかぁ~しここで問題が浮上したのだ!

それが・・・

在宅勤務によるテレワークを行うとなれば企業の超重要なデータを自宅へと持ち出さなければならないことだ!

そうするとネット上のウイルスによるサイバー攻撃による被害も想定されることになるのだ!

こう言った問題を背景にサイバー攻撃やおっちょこちょいな社員がデータを紛失したりする恐れから安全性を高める取り組みを行っている企業も出てきている現状にあるのです。

新型コロナウイルス対策として一部の企業で安全性を高めたテレワークへの取り組みを開始

新型コロナウイルスによるテレワーク導入にあたって安全性を高める取り組みを開始しているのが旅行関係のサイトを運営する会社だ。

サイト運営であれば情報の漏洩さえ阻止し安全性を保てれば別に社内じゃなくても自宅で仕事が出来るわけです。

テレワークを行う上で安全性を高めるためにどう言ったセキュリティ対策を施したのかと言えば・・・

通信を行う際に高度な暗号を用いた技術を導入したとの事です!

なるほど・・・

確かに超高度な暗号化技術を用いれば事実上、安全性を高めたテレワークも可能になるというわけだ。

まさに新型コロナウイルス対策としては苦渋の選択と言わざるを得ないかもしれないが今後はこう言った在宅での勤務を多くし人との接触を最小限に抑え新型コロナウイルス感染を防ぐしかない状況に追い込まれるかもしれない。

しかしまだまだこの安全性を高めたテレワークへの取り組みは始まったばかり。

これから着々と正確性に長けた手法が構築されていく事でしょう。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策としてのテレワーク勤務は転職に大きな影響をもたらす?

もし今後、新型コロナウイルス感染が今以上に広がるとしたら今現在、転職活動を行っている方々にも影響がでないとも限りません。

これだけ毎日のように世間をにぎわせている新型コロナウイルスはいつ・どこで・だれが感染するのかわからない、未知数の感染者となる恐れもあるからです。

今年の3月に入り新型コロナウイルスの影響によりクルーズ船やコンサート・イベント会場だけに留まらず卒業式や挙句の果てには春のセンバツ高校野球まで中止になっているのですから。

さらには航空会社の入社式さえもウェブを通して行う様子も見られています。

そうなれば中途採用の面接も不特定多数の面接者を社内に招き入れて面接を行う事でウイルス感染の恐れも出てくる可能性もあるわけです。

面接をウェブ上で行い採用後は即、テレワーク・・・なんてことは到底、無理な話でしょう。

そもそも今のこの状況で面接でマスクを着用せずして行っているのかどうかも疑問が残ります。

マスクを着用したら面接(※会話)ができないじゃん・・・

まぁいずれにせよ転職を行う上で何かしらの影響を受けることは確かでしょう。

さいごに

新型コロナウイルスの影響に伴い安全性を高めたテレワークの導入は今後、ますます増えていくことは確かです。

このテレワークシステムが導入されれば働く人間にとって会社への通勤の手間も省ける点は非常に大きな効果が見込めることだと思います。

しかしそれは今、会社勤めを行っている人たちが対象になるのであってこれから転職を行う方々は面接さえも行ってくれない可能性も十分にあり得るのです

新型コロナウイルスの影響が収まるまでは転職活動も停止しなければならない・・・

そんな事態にだけはならないように祈るしかないのかもしれませんね。