中途採用面接時の服装は私服で良いのか?

みなさんこんにちは~

今回は「中途採用面接における服装」についてみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

中途採用と言えば気になるのが面接時の服装は何を着て行けば良いのか迷いますよね~

スーツ?それともカジュアルな服装?

賛否両論あるかと思いますがいざ面接に行く前になると非常に迷うものです。

自分勝手な判断で服装を決めマイナスな印象にとられたらどうしよう・・・

本来であればスーツで行くのが無難だけどそこまで必要ないのかなぁ・・・

色んな思いがあるのではないでしょうか?

それでは中途採用時の服装はどうあるべきか見て行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接時は制服と私服とで受ける側の印象はどう違うものなのか?

これからは43歳、正社員転職回数12回の私の体験談をもとに面接時の服装についてお話します。

まず、いきなりこんなことを言うのもなんですが・・・

そもそも面接に私服で行くとは何事か!?

と怒りたくなる自分がいます。

あんたは考え方が古いんだよっ!!

そう思われる方々がいるかもしれませんが本来、面接と言うものはスーツで臨んで当たり前なのです。

もっとも会社の方から「ラフな格好、私服で面接に来られてもいいですよ~」と一言あれば別ですが初対面の面接でそんなことを言う会社は皆無です。

稀にあることはありますがそれでもスーツで行くべきです。

いいですか?

よく考えてほしいんですがそもそも面接をする側もスーツ、あるいはシャツを着用している場合がほとんどでしょう。

そんな相手にですよ!?

何の指定もないのに私服で行くのは何事か!!」と言うことです。

だいたい面接官なんて団塊世代のおやじさんかそれよりも若いぐらいの年齢の方々の場合がほとんどです。

あなたが若い考え方で「時代遅れだっ!」なんて思うのは勝手ですが面接する側の視点は絶対です。

もし面接官が「この人駄目だわ・・・常識がない」と思われればそれまでなのです。

私は面接において私服で臨んだことは一度たりともありません。

それは社会人としてのマナーであり例え面接と言えどビジネスの場に出向く以上、会社の規則を無視した自分勝手な判断は許されないのです。

そもそも「相手がどう思うだろうか?」なんて考えるぐらいなら初めからスーツで面接に行けばいいだけの話なのです。

スポンサーリンク

中途採用面接においてなぜ私服で臨もうとするのか?

そもそも会社側から「私服で来てもいいよ!」の一言もないのにどうして自分の考えで「面接時に私服でいいのだろうか?」なんて考えが頭の中をよぎるのでしょうか?

その答えは一つしかありません。

それは面倒くさいからです!!

それか「この程度の会社の面接、しかも中途面接でスーツは必要ないだろ・・・」と言ったような会社を見る目があるからです。

違いますか?

スーツはなんだか窮屈だし私服がいいなんて・・・そんなことでは採用されませんよ?

ひょっとしたらこれから生涯をかけて勤めさせて頂く会社に対して何の指定もないのにいきなり私服で着たら面接する人によっては悪印象を受けることでしょう。

面接時に自分が良く思われたいのならここはやはり最初が肝心です。

「ビシッ!」とスーツで決め、身だしなみを整えた上で面接に臨むことは少なからず相手に好印象を与えます。

スーツを着るのか私服を着るのか迷うようであれば無難にスーツを着用しましょう。

第一印象で「おっ!スーツで決めているなぁ!」と思われればそれだけでも相手からすれば気持ちが良いものです。

年配の面接官はいまだに見た目重視的な面もありますので「面接官がどう思うか?」を念頭に服装を決めた方が無難にこしたことはないのですから。

まとめ

中途採用時の面接は「スーツで行くべきか?それとも私服で良いのか?」どちらを着用するかは自分次第です。

しかし、そもそも「面接とは何か?」を考えたとき面接とはあなたがどのような人間っであるのか?直接会って対面の見た目や会話を通して見るものなのです。

そして職場と言うところは会社のルールが存在し服装もまたしかりです。

その会社がスーツを着用して仕事をしているような環境にも関わらず面接時に私服で行くこと自体、おかしな話なのです。

礼節をわきまえ相手の立場になって考えた時、やはりスーツの着用は避けられないのです。

普段、スーツを着ないような方々は大変かもしれませんがここはスーツ着用で面接に臨みましょう~