コロナ不況で若者の内定取消しが続出!深刻な状況に覚悟も限界が!?

相変わらずコロナウイルスの影響が凄まじいの一言に尽きる。

人体への被害を最も心配しがちなコロナウイルスだが、若者の就職面に与える被害も大きい。

と言うのもこのコロナウイルスのせいで若者の内定取り消しが続々と出ているからだ。

以前にも内定取り消しの話題はお伝えさせて頂いたわけだが今度はもっとひどい。

なんと、入社一週間前に内定が取り消された新卒者も出たのだ!

以前はどことなく内定取り消しの臭いを漂わせ通告が来ていたにも関わらずあろうかとか一週間とは何事だ!

おじさんは許さんぞ!コロナウイルスめ~

名前はコロナと聞くとお菓子のコロナとかチョココロナみたいなかわいらしいイメージがあるがこいつは名前とは裏腹に本当にとんでもないウイルスとしか言いようがない。

入社一週間前に内定取り消しを告げる当たり会社側も相当、切羽詰まっている状況と言えるだろう。

こんなコロナ不況とも言える深刻な状況下に若者達はどう立ち向かって行けば良いのだろうか?

入社一週間前に内定取り消し通告が!コロナ不況による不採用者続出への誘い

こんなニュースを見た。

市内の専門学校を3月に卒業した20歳の学生が採用されたにも関わらず、一週間後に入社式を控えたある日、会社の社長に呼び出され内定を取り消す通告があったと言うことだ。

こんなことがあって良いものか!?

期待に胸を膨らませ4月から新社会人として学生から社会人への一歩を踏み出そうとした瞬間、奈落の底に叩き落されるが如く一瞬にして全てを失うのだ!

いくらコロナ不況とは言えこれはあんまりだろ!

また、このように内定取り消しを通告され気持ちを新たに新しい職場を見つけようとしたところ・・・

コロナ自粛のため就職説明会が中止!」のような場面に直面した若者もいると言うではないか!

ひどい・・・本当にひどすぎる・・

若干、20歳そこらのまだ社会の右も左もわからないような若者達にこの現実を受け入れる覚悟を持てと言うのはあまりにも無理がありすぎる。

内定取り消しを受けた若者の胸の内は居ても立っても居られず、どうして良いのかわからないことだろう。

まさに新型コロナが採用者を不採用者へと誘っていると言っても過言ではない。

若者のこの怒りを一体、どこにぶつければ良いと言うのだろうか?

スポンサーリンク

若者の覚悟も限界が来た!もうこれ以上は覚悟出来ない状況になるかも!?

いくら新型コロナのせいで内定取り消しになったと通告されても人には限界と言うものがある。

せっかくの内定を「はい、そうですか!」なんて、引き下がれるわけがない。

内定が取り消しになればそれはすなわち路頭に迷うことになる。

そして今迄、専門学校・大学に行き卒業し、ようやく手にした新卒という名の切符が全て水の泡と化すのだ。

これだけ若者の内定取り消し者が続出すれば我慢は限界を超え、やがては精神に支障を来たすのは目に見えて明らかだ。

そうなれば「どうせ就職活動をしようにも採用してくれる企業がない・・・」と言った思考に陥ってしまい仕事を探す気力さえなくなってしまうことだろう。

これからはまた一から数少ない求人を争い、また一から就職活動をしなければならない。

そしてそんな就職先は中途採用となるため内定を得ていた新卒採用時とは比べ物にならないぐらい低賃金・劣悪な福利厚生と言った環境にある会社となることでしょう。

新型コロナの影響で内定を取り消され第一志望の企業を失い気持ちを新たに再就職先を見つける覚悟、さらにはやがては新たな職場に就く際に労働環境の劣る会社を受け入れるための覚悟。

これから先、内定先を失った若者達にはこの2つの覚悟が待ち受けていることは間違いない。

コロナ不況により不採用続出の荒波に巻き込まれた若者達よ!

現実とは厳しいものだ!

しかし条件は皆同じ、不遇の環境にこそ耐え抜き通す忍耐力を若い内に養ってこそだ!

おじさんは応援しているぞ~頑張ってくれ~