退職理由が「会社の将来が不安だから」だって?そりゃ面接でNGだ!

みなさんこんにちは〜

今回は「面接に伴う前職の退職理由」について考えてみたいと思います。

転職時の面接でよくある質問に以下のような内容があります。

あなたはなぜ前職を退職したのですか?

この質問に対しとんでもない発言をそれ人たちがいるのです。

それは・・・

会社の将来が不安なので退職しました!

と言ったNG発言です。

ほんとありえないですよね〜

よく面接でそんなことが言えるなぁと思いますが無神経な人間はこのような発言を平気でするものです。

ではなぜ転職面接でこの手の発言をしたらいけないのか?

その真意に迫っていきましょう。

「会社の将来が不安です!」のようなNG発言は退職理由にはならない

退職理由に「会社の将来が不安」なんて言葉を面接官に伝えた際、相手はどのような印象を受けるでしょうか?

きっとこう思うことでしょう。

もし採用しても前職と同じように会社が傾き始めた場合、「この人はすぐに逃げ出す人間なんだな」と。

要するに万が一にも会社に何かあった際は我が身可愛さに一目散に撤退するタイプだと思われてしまうのです。

ましてや会社の将来が不安なんていかにもその会社を見下しているとしか思えません。

絶対に口にしてはならないNG発言なのです!

それに新しい会社の面接で前の会社の悪口を平気で言うような人間を誰も採用したいとは思わないことでしょう。

ですからどんな理由があれ退職理由に「前職の将来が不安だ」なんて言葉を並べてはいけないのです。

スポンサーリンク

本音を言いたくても言えないのが転職面接のつらさ

とは言え、本当に会社が不況の影響を受け傾きかけ従業員の給料の確保もままならない状態に陥ってしまった場合は退職せざるを得ないことでしょう。

しかしそれでも新しい会社の面接で前職の会社の悪口を言ってしまったら、その瞬間にマイナス思考な人間だと見られてもしょうがないのです。

これは同様に「給料が低いから、人間関係がうまくいかなかったために退職しました」といったような理由も同じことです。

面接において自分の本音を語ることは大切なことですが言っていいことと悪いことの分別がつかないまま言葉を発してしまうと取り返しのつかない状態に陥ってしまうことだってあるのです。

これが転職面接のつらさです。

自分を偽ってでも少しでも良い人間としてアピールし絶対にイメージを悪くするようなことは言ってはならないのです。

会社の将来が不安だと思うならスキルアップし活発な転職活動を!

ダメな会社にいつまでもしがみつき、不安がっていたところで何一つ状況は変わりません。

会社の将来が不安です・・・

と言った言葉は裏を返せば「自分の将来が不安」と言っていることに等しいのです。

それをいつまでも会社のせいにし「退職後も転職面接の場で会社の将来に不安を覚えた」などと軽々しく発言すること自体、愚かな行為だと言えるでしょう。

ダメな人間ほど自分をスキルアップしようとせずダメな会社に依存し続けるものです。

会社の将来に不安を覚えたのであれば、そんな環境を抜け出すために今の自分をどう変えていくのか?

これができてこそ「成長できる人間」です。

自らをスキルアップし活発な転職活動を心がけ、行動に移してこそなのですから。