同一労働同一賃金の適用で2020年4月から正社員がオワコン化に!?

世の働くみなさ~ん!聞いてください~

なんだ?わしゃ仕事で忙しいんじゃが・・・

その仕事に関してこれから先、重大なお知らせがあるのです!

それが・・・

同一労働同一賃金の適用で2020年4月から正社員がオワコン化になるかもしれない!?

と言うことです。

あ、ちなみにオワコンっていうのは終わった、または終わりかけたコンテンツのことを言い、例えるなら「飛込み営業は時代遅れでもうオワコンだ!」みたいな感じです。(※実は自分もつい最近、オワコンの意味を知りましたw)

で、同一労働同一賃金の適用って一体、どんな施策なのかと言えば簡単に言えば会社で働く正社員・非正規雇用・臨時職員の勤務時間・給料が皆、同じになると言うことです。

え~!?それじゃあ役職による格差はなくなるの!?

なんて疑問に思う方々も多い事でしょう。

さらにはこれが2020年4月からスタートすると言うのだから驚きです。(※再来月からじゃねーか!)

そんなわけで同一労働同一賃金を適用することでどんなメリット・デメリットが生まれるのかを見て行きましょう~

同一労働同一賃金の適用により正社員の価値がなくなるかも!?

そもそも今回、同一労働同一賃金の適用において厚生労働省が発表した定義としては以下のようになっています。

正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消を目指すために設けるものであり、つまりは正社員だろうが契約社員・派遣社員・アルバイトだろうが同じ仕事であるならば給料や待遇を同じにすることで平等にしていこうと言った内容となっています。

てことはですよ?

正社員の価値がなくなる恐れがあるのです!!

では、契約社員やアルバイト・非正規雇用の方々はどうでしょうか?

今迄、過酷な労働条件の下、まともなボーナスも支給されていなかったかもしれません。

それが今度は正社員と同等の雇用条件になることでボーナスが支給されたり、通勤手当や住宅手当等が支給され改善の兆しが見られるかもしれないのです。

まさに、契約社員やアルバイト・非正規雇用の方々にとってはハッピー!ハッピー!

なぜこのような施策を導入するのかと言えば働き方改革の影響によるもので実施時期は大企業が2020年4月から中小企業は2021年4月から適用される事となっています

今や労働市場全体の40%が契約社員やアルバイト・非正規雇用となっていますのでこれらの施策がまともに適用されればかなりの相乗効果を生み出すことにもなりそうです。

会社から見る非正規労働者への適正な評価が行われることで社員のモチベーションが上がり労働生産性を高め会社の利益に直結して行くことも考えられます。

「誰もが働きやすい環境の下に明るい未来を!」と言ったところでしょうか・・・

スポンサーリンク

実際のところ同一労働同一賃金を適用することでリスクを伴う最悪の事態になるかも!?

本来であれば皆が皆、平等な職場環境の下で仕事をすることはこれほど争いも起きず平穏な日々を送れることでしょう。

だって上司・部下の関係もなく、給料も勤務時間も同じなら出世競争は必要なくなりますよね?

所詮、皆、自分のため家族のために高い給料をもらうために頑張っているのですから。

今迄、正社員の人たちを横目に仕事をしてきた派遣・アルバイトの人たちにとってこれほど嬉しいことはないでしょう。

しかし・・・正社員の方々にとってはどうでしょうか?

いくら仕事で結果を残しても給料が上がる事も無く役職もつかなければ仕事の出来ない人たちと同じ扱いを受け続けることになるのです。

こんなもの耐えられるわけがないでしょうが!!

まさに正社員のオワコン化が進むことでしょう。

さらにもっと言えば、皆平等と言ったところでその平等の基準を低く設定されたら一環の終わりです。

極端な話が今迄、正社員だった人たちに対して

あなた達は来月から給料を下げて非正規雇用の方々の給料に合わせますね!

なんて会社が言い出しかねないのです。

非正規雇用の方々が毎月13万円の給料で正社員が毎月30万円もらっているとして、皆一律に20万円なんて言われたらそりゃあ正社員の人たちはたまったものじゃありません。

このように考え方によっては同一労働同一賃金は会社の経営者のさじ加減一つで正社員の給料を下げる格好の施策になり得るリスクもあると言うことです。

会社側としては人件費を抑えることでもろに会社の利益に直結しますのでトータルで儲けが出れば良いのですから。

結局は儲かっている会社がさらに儲かり、正社員だけが痛い目を見ることにもなり兼ねないのです。

まとめ

これから始まる同一労働同一賃金の導入にあたってどのような結果を生み出すのかは誰にもわかりません。

人ってこのような新しい施策に対して国の方針に従い良い方向に考えてしまう傾向にあるものです。

しかし、最悪な場合を想定しておいてこそです。

確かに非正規雇用・アルバイトの方々の救済措置としては良い面もあることでしょう。

しかしその反動・しわ寄せは必ず他に来るものです。いつだって泣きを見るのは今まで一生懸命、会社に貢献してきた人たちなのです。

そして、そんな人たちが不利益を被るような事態に陥ってしまったら本当に皆が平等で幸せな世の中と言えるでしょうか?

正社員がオワコンになるのだけは絶対に避けてほしい!

そう願ってなりません。

これから始まる同一労働同一賃金施策が良い方向に進むよう期待したいところです。