職場の人間関係に悩むことほど無駄なエネルギーを使うものはない

みなさんこんにちは~駄目男です。

今回は職場の人間関係について皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

会社勤めをする以上どうしても避けられない壁、それは人間関係です。

今の世の中、多くの人たちがこの人間関係に疲れ果て大きなストレスを抱え精神的な病を患うことも少なくありません。

自分は何も悪いことをしていないのに・・・

普通に接しているだけなのに・・・

それなのに相手が敵意むき出しで敵対する態度をとることはよくあることでそれを見るたびに自分でもどう対応して良いのか分からず日に日に会社に行くことさえ嫌になっていくことでしょう。

プライベートであればこの手の人間と接することもないのでしょうが仕事となればそうはいかないものです。

それではどうしても自分と性格の合わない人間関係にある相手と仲良く付き合っていくためにはどうすれば良いのか見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人間は性格を変えることなど出来ない!だからあなたも自然体でいよう

まずはじめにこれだけはお伝えしておきたいことですがそもそも人間っていろんな性格の人がいるものです。

そしてその性格は大きく分けて二つに分けられると言われています。

  • 1つ目はその人が生まれ持った性格そして
  • 2つ目は生まれ育った環境で培われた性格

この二つの要因から性格というものができています。

あの人は性格がいい!」とか「この人は性格が悪い!」なんて言う言葉を良く耳にすると思いますが当の本人からしてみればそれはごく普通の当たり前のことをしているだけであって自分の性格に無理に逆らって行動を起こしているわけではないのです。

これは職場においても同じことが言えるでしょう。

仕事のできる人できない人、はたまた非常に協調性のある人、自己中心的な人など様々なタイプが見られます。

性格がプラスに作用する人間であれば良いのですがマイナスに作用する場合はどうしても人から悪い印象を受けてしまいかねません。

しかしこれってどうすることも出来ないことではないでしょうか?

ここで無理に自分の性格を押さえつけ他人の性格に合わせようとするところにストレスがかかるのです。

それはそうですよね?

どうして自分と正反対の人間の性格に合わせないといけないのか?

しかもそれを毎日だなんて絶対に無理な話なのです。

人は自然体でいてこそ健康で健やかな毎日を送れるものですから。

スポンサーリンク

攻撃的な人間には風に吹かれる柳の木のように受け流し無駄なエネルギーを浪費するな

職場というものは決まって1人や2人、他人に対して攻撃的な人間がいるものです。

誰が見ても「この人おかしいんじゃないか?」と思うようなことは日常茶飯時ですが最悪の場合この手の人間はとんでもない事態を巻き起こすのです。

それが職場いじめです!

自分の価値観を押し付けあたかも自分が正しいかのように周囲の人間の同意を求めようとし、それに逆らうことができない人間は嫌な思いをさせ続けられることでしょう。

しかし安心してください!

この手の人間はまともではないのです!

言うなれば「脳の病気」、先ほどお伝えした生まれ持った性格に依存しているのです。

非常に可哀想な人間で一度 相手を毛嫌いしてしまうと相手がどんなに折れようとも許すことができない性格にあるのです。

はっきり言ってこんな人間には関わるだけ無駄です。

関われば関わるほど 無駄なエネルギーを浪費していくことでしょう。

だから何を言われても「ハイハイ~」と平然と風に吹かれる柳の木のように受け流しおけば良いのです。

無理に抵抗すればするほど相手の思うツボです。

別にそれで会社を解雇されたところでその時はその時でまた別な仕事を見つければ良いことです。

一番やってはいけないことはこんな人間に毎日のように気を遣い無駄なエネルギーを浪費し続けることこそ体力と時間の無駄なのです。

脳の病気を抱えた人間にまともな人間の思考が通用するわけがないじゃないですか!

毅然とした態度で接し、目の前の仕事を一生懸命にやる。

何もこんな人間に気を遣い自分を精神的に追い込む必要なんてどこにもないのですから。

さいごに

人間の性格と言うものは絶対に治らないものです。

人に優しくできる人間、人に冷たい人間、人の上に立ちたがる人間、あまり人と接したからず独りを好む人間、それは全てそれぞれの人間の持つ性格から来ているのです。

いくら職場といえどあの人に性格が合うだのは合わないだのそんなことは考えるだけ無駄です。

他人を批判するような人間は残念かなそのタイプの人間に生まれてきたがゆえに人を攻撃するのです。

そんな人間を説得するなんてとんでもない!

言わせるだけ言わせておき脳の病気を抱えた人間がどのようなわけのわからない発言をするのかを観察しておくのも面白いものですよ~