あなたの会社の評判が悪い原因は使えない上司が存在しているから!

みなさんこんにちは~

今回は「あなたの会社の評判が悪い原因」についてお伝えします。

うちの会社の評判は本当に悪い・・・

こんなことを思っている社員のみなさんは多いはずです。

皆、一生懸命に仕事をしているのになぜか毎年のように退職者が出たり、世間から悪い会社のイメージで見られてしまう事はよくあるものです。

この原因についてですが、その答えは一つしかありません。

それは会社にいつまでも仕事もしない使えない上司がのさばっているからです!

はっきり言いましょう。

この手の上司は会社にいてもいなくても同じです。さほど会社の利益に直結しているわけでもありません。

本人はいかにも「自分のおかげだ!」みたいな思考回路をお持ちのようですが実際、会社に大きな利益を貢献しているのは中堅クラス以下の社員の皆さんなのです。

使えない上司は自分の存在が会社の評判を落としていることにさえ気付いていない

全ての上司が悪いとは言いませんが、自分ではろくに仕事もしようとせず偉そうに部下に指示を出すだけ。

この手の上司は特に厄介な仕事が入ると「いかにも俺は上司だ!」と高圧的な態度で部下に仕事を押し付けようとしてきます。

もちろん自分ではそんな仕事をやり遂げることなど出来ません。

それにも関わらず平気で部下に仕事を押し付け、部下が苦労して仕事をやり遂げるとあたかも自分の指示で成功したかのようにふんぞり返ろうとします。

ほんと、愚の骨頂とはこのことです。

こんな理解力も無い、使えない上司の下で働く社員はいずれは退職しようとします。

退職した人間は退職理由を表面上は綺麗ごとを並べようとしますが、裏ではそんな最悪な上司の悪口を他の社員や知り合いに言うのです。

人から人へ悪い噂は広まって行くもの。

まさに負のループ!

その結果、会社の評判は徐々に落ちていくのです。

スポンサーリンク

悲しいかな上司である以上、打つ手はなし!

残念なことに使えない上司に対抗する術などありません。

文句の一つでも言おうものなら部下の見ていないところで使えない上司は自分の非を一切認めようとせず、あたかも部下の失態を指摘するかのように社長に報告しようとするのです。

なんでこんな人間が上司なんだ?

誰しもがそう思う事でしょうが会社の業績が極端に落ち込みを見せない以上、長年に渡り居座り続けた上司の存在は少なからず良い方向へと導いていると経営者はとらえているのです。

ほんと滑稽な話ですよね?

ただ役員と言うだけの使えない上司は残し、仕事の出来る部長や主任クラスは平気で人事異動で格下げを命じようとする。

その背景にはやはり使えない上司が経営者に寄り添い、役員会の場などで自分のいいように人事異動に影響を与えていることに過ぎないのです。

いつまでもこんな上司を会社に居座る続けることがどれほど会社の成長を止めていることでしょうか?

結局、この手の上司が退職するまでは何一つ手は打てない、どうしても嫌なら退職をし転職するしかありません。

ほんと、しょうもない人間を上司として認めている経営者も同じですよ。

今回は会社の評判が悪い原因は「使えない上司の存在にある!」と言ったお話でした。

あなたの身近に存在する使えない上司。

あなたも知らず知らずの内にそんな上司の術中にはまるような事がないよう気を付けてくださいね~