中途採用試験で圧迫面接をしてくるような会社は即、辞退せよ!

みなさんこんにちは~

今回は「中途採用試験において圧迫面接をしてくるような会社は面接自体を拒否した方が良い!」と言った内容についてお伝えしたいと思います。

どの会社にもいるんですよね~

調子に乗って圧迫面接をしてくる面接官が!

 

失礼ですがあなたのご両親はどんな仕事をされていますか?

あらまぁ・・・それじゃあ生活が大変ですね~

 

みたいに他人の家族のことを見下すような発言や

あなたはおどおどしていてまともな自己紹介も出来ないようじゃどこの会社を受けても採用されないんじゃないの?

みたいなやつですね。

ほんっと聞いているだけで腹が立ってしょうがない状況に追い込まれるも面接中なので少しでも良い印象を与えようと苦笑いで対応しようとする方々も多く見られます。

でもね、はっきり言いますけどこのような圧迫面接だった場合はその場で面接を辞退するべきです。

そうでないと嫌味ったらしく言われた言葉の数々が自分の心の中に残って後々の会社の面接に影響しかねないのです。

圧迫面接ではこんな質問はNGなので覚えておこう!

そもそも圧迫面接において何がNGなのかと言えば以下のように言われています。

家族の職業や収入のこと、家庭の状況、さらには政治や思想のことを質問するのはNGとされています。

また、他にも面接者に対して明らかに精神的苦痛を与えるような発言も駄目なのは誰でも想像が付くことですよね?

しかし、それを平気でしてくるのがモラルの欠如した面接官なのです。

この手の面接官には真っ向勝負しましょう。

ど~せそんな会社に入ってもその人との関りを避けることなど出来ません。

 

おまえを採用したのは俺だぜ?

新人なんだから黙って上司の言うこと聞いてればいいんだよっ!!

 

こんなことを言い出すのは目に見えています。

会社の面接における採用を分ける面接官の立場を利用して面接者の心証をひどく傷つけるような発言や態度が許されて良いわけがないのです。

自分のことならまだしも家族のことまで見下すような人間には例え面接中であろうともはっきりと否定し即、辞退してこそなのです。

スポンサーリンク

圧迫面接に屈しない強い心を持つこともまた中途採用には必要不可欠

面接は精神面を試される場面に非常に多く遭遇します。

特に中途採用面接においては平気で圧迫面接をしてくるような面接官がいまだに見られるのも現状です。

しかし、こんな面接官ごときに負けないでほしいと思います。

職務経歴が乏しい人、無職期間が長い人、家庭に複雑な事情を抱えた人、精神的な病気を抱えているせいでなかなか採用が決まらない人。

世の中にはいろんな人達がいるものです。

ひょっとしたら今、圧迫面接をしている嫌~な面接官もその会社に拾われなければ無職の状態に陥っていたのかもしれません。

それをあたかも自分の実力のように面接者を見下すような人間はそう言った自分の行為が会社の看板を傷つけていることにさえ気付いていないのです。

ですからもしあなたが今後、このような人の気持ちを踏みにじるような最低な圧迫面接をしてくるような会社の面接官に遭遇した時はこんな人間に屈しない強い心で対応することは必要不可欠なのです。

言い返せばすかっとしますよ~

目には目を歯には歯を!!

勇気ある発言・行動はあなたの未来をも変えるこでしょう~

まとめ

中途採用において「圧迫面接をしてくるような会社は即、自体した方がいい」と言ったお話でした。

こんな面接、誰しもが一度はあるものです。

私も過去にお菓子工場の営業職の面接を受けた際、その会社の社長が自分の前に面接を受けた女性のことを偉く気に入ったせいか10分近く「あなたはいい!物腰も良くすぐに来てほしい!」などとべた褒めしており、その後、面接の順番が回ってきた私に対してあろうことか1分で「あなたは残念ですが結構です!」みたいないことを言われたことがありました。

その後、私に機嫌をとるためか帰り際にお菓子をくれたのです頭にきて突き返した覚えがあります。

会社は面接者を選ぶ権利はありますが面接者も会社を選ぶ権利があるのです

圧迫面接の対処法をあらかじめ備えておくこともまた面接対策には欠かせないものですので自分なりの対処法を考えておくと良いかもしれませんよ~