40歳以上の方々の中途採用は本当に難しいのか?

みなさんこんにちは~

今回は「40歳以上の方々はどれくらい中途採用が難しいのか?」と言ったお話をさせて頂きたいと思います。

40歳以上にもなると年齢的にも雇用してもらえそうもない難しい年齢にあると思いがちですよね?

実際問題、ハローワークに行きますと40歳以上のお腹の出た中年の方々が毎日のように職を探している様子を目にするものです。

応募者の方々は口をそろえて「なかなか就職できない!いい仕事がない!!」と言いながら面接を受けるも不採用の連続で気が滅入ってしまいがちです。

しかしこれ、ちょっと視点を変えるだけで簡単に採用されてしまうことだってあるのです。

自分の思い込みが招く不採用の嵐、もう一度自分を見つめ直す必要があるのかもしれません。

採用されないのはあなたの思い込みです!今は人手不足の時代です!!

そもそも「40歳以上にもなると簡単に採用されるものではない!!」と言う人達もいますが私はこう答えます。

そんなことはありません!!

今の時代は人手不足ですので会社も雇用したがっているのです!!

じゃあなぜ自分だけ採用されないの?

そう思える方々もいるでしょう。

しかしそれはあなたに問題があるわけでも過去の職歴や履歴書の書き方が悪いと言った理由だけではありません。(※まぁどう見ても未経験で即戦力として技術や技能を必要とする会社は無理がありすぎますのでそれは例外ですが・・・)

あなた自身が面接の際にいつしか消極的な発言や態度が表れているせいで面接官に「あぁ・・・この人は駄目だな」と思われてしまっていることにもうそろそろ気付かなければならないのです。

そもそも40歳を超えた中途採用対象者の面接なんてこう言っては失礼ですがほとんどが職にあぶれた未経験の方々ばかりですのでそんなに人間性に大差はないのです。

それがあたかも他に応募した人達が自分よりも非常に優れた人間であると錯覚してしまうばかりに自分の良い面を表現できず悪い面ばかりが出てしまっているのです。

今は人手不足の時代です。会社は喉から手が出るほど人材を欲しがっています。

ましてや小企業・零細企業においては毎年のように退職者が出る状況にあるので高齢者だから仕事がないなんてことはまずありえません。

逆に40歳ぐらいの落ち着いた人材を求める会社だって数多くあります。

考え方を変えるだけで今までとは違った面接への取り組み方で結果は大きく変わるものです。

スポンサーリンク

初対面の面接に何を躊躇することがあるのか?

これだけは覚えておいて頂きたいことがあります。

それは、そもそもあなたは「たかだか小企業・零細企業の面接ごときに何を躊躇し動揺しているのか?」ということです。

大企業にもなれば話も別ですが中途採用の応募をかけている会社なんてほとんどが小企業あるいは零細企業ばかりなのです。

そしてそれらの会社は人材が不足しているから募集をかけている。つまりは逆に言えばそれだけ人離れが激しいともとれます。

良い会社というのはなかなか社員が退職するようなことはありません。

それは当たり前ですよね?

福利厚生がしっかりしていて給料も良い、そんな会社はちょっとやそっとの不満があってもなかなか社員は辞めませんし退職者が出てもすぐに新しい良い人材が集まるため年から年中募集していることはないのです。

ハローワークなどでよく常に募集をかけている会社を見かけることがありますよね?

ああ言った会社は理由があって人の入れ替わりが激しい状態にあるから常に募集をかけているのです。

全てがこんな会社とは言い難いですがほとんどの場合は中途採用で募集をかける会社なんてこの程度の会社の集まりなのです。

それなのにたかだかこんな小企業・零細企業の面接に何を躊躇することがあるのでしょうか?

面接時に自分がやりたいことをもっとストレートに率直に伝えるべきです。それが出来るのが小企業・零細企業の面接の良い所なのです。

会社の社長だってそこまで中途採用で優秀な人材が来るとは思ってもいないことでしょうし「会社に入って支障のないレベルで仕事をしてもらえればいい」と思っているはずです。

だからこそあの程度の少ない給料しか払おうとしないのです。

まとめ

「40歳以上の中途採用面接は本当に難しいのか?」についてのお話でした。

人間は想像力豊かですので初めての会社に面接に行く時は動揺し本来の力が発揮出来ないものです。

しかし蓋を開ければなんてことはない小・零細企業の実態を目の当たりにすれば「なんだこんな会社はこの程度か・・・」と思えるレベルの会社だってゴロゴロあるのです。

中途採用の面接なんてそれぐらいの気構えでいいのです。

あまり気負いせず「形式的な面接」と言うよりは「その会社で自分が何をしたいのか?」を鮮明に熱意をもって会社側に伝えてこそ良い結果に結びつけると思います。

こんな感じで数をこなして行けばその内、あなたを見込んで採用してくれる会社も必ず出てくるはずですので頑張って継続して行きましょう~