会社で挨拶をしない人間には関わるな!断固として無視すればいい!

みなさんこんにちは~

今回は「会社で挨拶をしない人間」についてのお話です。

どの会社でも見かける挨拶をしない人間。この手の人間を目の当たりにしたとき人は誰しもが「なぜこの人は挨拶さえもできないのだろう?」と思うことでしょう。

しかし結論から言えばこの手の人間に対しては何をやっても無駄です!

あなたがどんなに親切丁寧に対応したところで結果は同じです。

だったら断固として無視するべきです。

悲しいことですが挨拶もできない人間には関わらないこと以外に解決策はないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社にいて挨拶をしない人間には常識が通用しない

会社という組織の中にいながら挨拶さえもできない・・・

挨拶は社会人としてのマナーであり、出来て当たり前の行為です。

挨拶さえもできない人間は会社勤めをすること自体、無理だと言っても過言ではありません。

それにもかかわらず最近ではこの手の挨拶しない人間が非常に多く増えてきています。

ではなぜ挨拶といった当たり前のようなことが出来ないのか?

それは挨拶のできない人間には常識がないからです!

これはその人、本人が悪いわけではありません。生まれ育った環境や持って生まれた性格から来ているのです。

自分に悪気はないと思っていますので人に対して挨拶をしようとしないのです。

いくら挨拶ができないからと言っても会社はその人を解雇することなどできません。

だからこそたちが悪いのです。

常識ある人間が非常識な人間に接することはただでさえ困難なことなのに、それを仕事とはいえ毎日のように顔を合わし、コンタクトを取らなければならないなんて・・・

これほどの苦痛はないことでしょう。

スポンサーリンク

挨拶さえも出来ない人間に気を遣う必要などない!

先ほど挨拶もできない人間は非常識な人間だとお伝えしました。

しかし本人自体は故意に相手に対して挨拶をしていないわけではないのでこちら側としても対応に非常に困るものです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

一番良い対応策としては挨拶さえもできない人間に対しては気を遣う必要など一切なく、向こうが何かしら話しかけてきた時だけ応対すれば良いのです。

実は挨拶の出来ない人間にとって挨拶をしないことは別に悪気があることでも後ろめたさを感じていることでもなく、ごく普通の行為でしかありません。

たったらこちら側としても同じような対応を取れば良いのです。

相手を常識ある人間だと思い込みあたかも挨拶をすることが当たり前の行為だと思っているからこそ対応に悩みストレスを抱えてしまう方々も多いのです。

挨拶をしないからといって別にどうってことはないでしょうし向こうも挨拶をしないわけですからこちらが無理して挨拶を強要すること自体おかしな話なのです。

挨拶のない人間は他人に害を与えないだけマシだと思え!

会社というものはいろんな人間が存在する場所です。

人の良い人、悪い人、無関心な人。

挨拶のできない人間はその中の一人に過ぎません。

誰もが挨拶さえもできない人間は非常識な人間だと思い込み関わりを持ちたくないと思うことでしょう。

しかしよく考えてみてください。

会社内の人間にはこんな挨拶をしない人間よりももっと冷徹でもっと非情な人間は多いものです。

あなたに対して嫌がらせをし続けたり影で悪口を言ったり何かしら危害を加えようとする人達だっています。

そんな人間に比べれば挨拶をしない人間なんて可愛いものです。

だって挨拶をしないだけで人に対して害を与えるようなことは決してしないのですから。

全てが自分の常識という名の物差しで会社内の人間を決めつけることは間違えだと言えるでしょう。

自分に関心を持つ人間には関心を持った対応を!

挨拶もしないような無関心な人間には何も気を遣う必要なく適当にあしらっておけば良いのです。

それが出来ずに悩むということはまだまだ自分の価値観を相手に押し付けようとしていることに過ぎないのかもしれませんね。