無職でうつ病になった場合に転職できるたった一つの方法

みなさんこんにちは~

今回は「無職でうつ病になった際、どうすれば転職できるのか?についてお伝えします。

今の世の中、会社勤めをしていても人間関係や仕事の激務からやむを得ず自己都合で退職を強いられてしまう人たちは多いものです。

退職して日も浅いし、そのうち転職すればいいか・・・

なんて思っていても日が経つごとに焦りを感じ、気がつけば転職する気力さえなくなりうつ病になってしまうケースも少なくありません。

もし自分がうつ病になってしまったら?

そう考えた事はありませんか?

万が一、無職になりうつ病になってしまった場合、どうすれば転職できるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無職でうつ病になっても転職できる!

無職でうつ病になってしまうことは誰にでも起こり得ることだと思います。

現に私も何度も無職期間を経験しましたが無職中ってほんと誰とも関わりを持つことがありませんので心が病んでいくのが自分でもはっきりとわかるほどです。

人間不信に陥り、部屋から出ることも億劫になり転職面接を受けるなんてとてもじゃないけどできない。

そんな状況下に陥ってしまうのです。

やがては病院で診察を受けた結果、うつ病と診断され転職する自信さえも失っていくことでしょう。

しかしここで間違ってはいけないのが「うつ病だから転職できない!」と言うのは大きな間違いだということです。

そもそもうつ病でも転職をしている人は今の世の中ごまんといるわけです。

ましてやある程度のうつ病であれば自分の力だけで克服して仕事に復帰している方々も多い現状にあります。

無職でうつ病だから転職できないというのは誰が決めたわけでもないのです。

無職でうつ病の人が転職するために必要なこと

それでは無職でうつ病の人が転職するためにはどのような行動をとっていけば良いのでしょうか?

ここで気をつけてもらいたいのが社会的安定を求めるあまり正社員の求人にこだわってしまうことです。

確かに正社員の求人は魅力的です。

福利厚生面が充実しており賞与もあります。

しかし、そんな正社員の求人を無理して何社も受け続けた結果、不採用になってしまいがちです。

なかなか仕事が決まらず挙句の果てには完全に自信を失ってしまう。

こうなってしまっては元も子もありません。

人生というものは非常に長いようで短いものです。

そして自分の生き方は自分で決めることが大切であって、他人にどう思われようがそのことを気にする必要などどこにもないのです。

長時間の正社員労働がきついと思うのであれば1日2時間のアルバイトから始める。

それも立派な社会復帰への一歩となることでしょう。

短時間労働をしながら残りの時間は自分の時間に当て、ゆったりとした生活を送る。

初めのうちは1日、3000円程度のお給料でも良いかと思います。

そうして徐々に勤務時間や日数を増やしていく・・・

こういった過程をとる人が非常に少ないように思えてなりません。

元々、うつ病というのは気持ちが滅入っている状態にあり、心に大きな病を抱えている状態ですから働くなんて無理があるのです。

ですからその状態でも出来るレベルの仕事をする。

そこから始めなければなかなか現状を打破することは難しいと言えるでしょう。

さいごに

人生はなるようにしかならないものです。

また「結婚することが幸せか?」と言えばそうでもありませんし、給料が良くてもギリギリの生活を送っているのであればそれも幸せとは言えないでしょう。

逆に少ない収入でも無駄遣いをせずなんとか食べていければそれを幸せと思う人もいるでしょう。

生きていく上でどれが幸せなのかなんて誰にもわからないものです。

わかるとすれば自分だけではないでしょうか?

他人に干渉されることなく自分の生きる道を進む。

それが無職でうつ病の人が転職するために必要なものではないでしょうか?

コメント一覧