会社のロゴが入った社用車なんて乗りたくない!恥ずかしすぎるだろ!

いきなりですがみなさんは会社のロゴが入った社用車をどう思いますか?

なんかだか見ていて本当にダサいですよね?

まぁ、たまには超かっこいいロゴやデザインの入った社用車も見られますがほとんどの場合はダサいものです。

見ているだけでもダサいのに、もしこれが自分の会社の社用車だった場合はどう思いますか?

会社のロゴが入った社用車になんか乗りたくない!

恥ずかしすぎるだろ!

な~んて思うはずです。

会社の従業員である限り、どんなにダサい車のロゴが入っていたとしても恥ずかしいけど乗らないといけないんですよ。

これが社員の辛いとこですよね~

今回はそんなダサいロゴの入った社用車に関するあれこれについてのお話です。

ダサい社用車に乗る場合のメリット・デメリットとは?

それではダサい会社のロゴが入った社用車に乗る場合のメリットとは何でしょうか?

これははっきり言って全くメリットなどありません。

これはあくまで会社側にとってのメリットしかないのです。

なぜならロゴが入った車というものは例えるならば会社の広告でありその広告を社用車を使って移動しながら周囲の人達の目に入るようにしているからなのです。

乗る側にとってはどちらかと言えばデメリットの方が多いでしょう。

特にどうしようもなくダサい会社のロゴが入った社用車なんかはとてもじゃありませんが恥ずかしくて乗れたものじゃありません。

赤信号で止まっているだけで恥ずかしくなってしまいますよね?

会社のロゴが入った社用車は会社にとってはメリットはありますが乗る側の社員にとっては何のメリットもないデメリットしかないのです。

できるならば乗りたくないものです。

あの周囲の人間から見られる恥ずかしさときたら穴があれば逃げ込みたくなるようなそんな感じにさせられることもあるぐらいですから。

スポンサーリンク

会社のロゴが入った社用車を気にせず乗るためには?

ロゴが入った車両車を運転する以上、人の目につくことは避けようがありません。

その車を運転しないという手もありますが仕事上、自分の車でしかもガソリン代を使ったりするのも嫌なものです。

泣く泣くそのダサい社用車を使うしかないわけです。

ではこのロゴが入った社用車をどうすれば目立たないように運転できるのでしょうか?

その答えはノーです!

そんな方法はありません!

だってどんなにダサいロゴでも会社は宣伝用として社用車につけているわけですから勝手にはがしたり隠したりしてはいけないのです。

よく見かけるのが営業マンが社用車のボディーカラーと同じ色のマグネットを使用して隠している場面を見かけます。

あれって「見られたくない!」っていう気持ちもわからなくもないですがどうなんでしょうかね?

確かに休憩中などは落ち着かないため隠したい気持ちもわからなくはないですが、でもやっぱり駄目なものは駄目なのです。

例えどんなに社用車に恥ずかしいロゴが入っていたとしても諦めるしかありません。

まぁこればっかりはしょうがないのかもしれませんね~