転職は意味のない資格は取得するな!実務経験こそ最強のスキルだ!

みなさんこんにちは~

転職活動頑張っていますかぁ?

今回は転職する際に意味のない資格取得に夢中になることほど無駄なものはない!

と言った話題についてお伝えして行きます。

よく中途採用において

あなたには資格が有るの無いの?

などと面接で聞かれることも多いかと思います。

確かに資格を持っいれば再就職に有利なのは間違いありません・・・が!?

はっきり言ってそんなもの使える人間でなければ会社にとってお荷物です

だいたい資格だけ持っていても肝心な仕事が出来なかったり人との協調性や資格者としての素質が無ければ何の意味も成さないからです。

それよりも大事なのは実務経験です!

この実務経験を積んだ人間こそ会社がもっとも欲しがる人材であり最強のスキルを兼ね備えた人間なのです。

資格取得の意味合いをはき違えていませんか?

そもそも就職には「資格!資格が大事なんよ!」なんて言いますが普通は資格取得と言うのは会社に在籍している状態で会社側がその人間に資格を取得してもらい第一線で活躍してもらいたいがために取得を勧めるものです。

ここをはき違えてはいけません!

資格なんてものは筆記試験で合格すれば取得できるものがほとんどです。

実務経験が必要な資格であれば先ほどお伝えしましたように会社に勤めながら取得するか専門学校等で実務経験を積んで取得するのが一般的です。

会社に勤めながらだと実務経験もあるでしょうし、専門学校であれば卒業後に「新卒+有資格者」として会社も欲しがる人材であることは当たり前です。

では、筆記だけで何の実務経験もない資格者だったら?

言い方は悪いですがそんなものが一体、何の役に立つのでしょうか?

監督職として必要な資格であっても実務もないような人間に何ができるのでしょうか?

はっきり言ってペーパー資格者なんて意味がないし無駄なのです。

車の免許は持っていても「私は運転ができません!」と言っていることと何ら変わりは無いですよね?

スポンサーリンク

転職において肝心なのは資格よりも経験がものを言う

仕事は経験こそ全てです!

長年、実務経験を積み様々な体験をしてきた人間ほど最強のスキル、会社の人材に成り得ると言っても過言ではないのです。

あれもこれも資格は必要ないのです。

肝心なのは自分の勤める会社があなたと言う資格を持った人間を必要とするかどうかが全てなのです。

転職の際、経験のない有資格者よりも経験豊富な無資格者を欲しがるのは当然ですよね?

それに資格はその会社の責任者が持っていればその下に就いて働く場合、必要ないのです。

在籍しながら時を見て取得すれば良いだけですよね?

転職活動において未経験の方々ってこの資格取得の意味合いをはき違えているケースが多く資格さえ取得すれば何とかなる・・・と思っている場合も多いのです。

資格は会社にとって必要な人間にこそ持たせるものであり、不必要な人間や例え中途採用時に有資格者が面接に来たとしても「使えない人間」であっては意味がないのですから。

まとめ

転職において資格を持っていれば何とかなるなんて誰が言いだしたのでしょうか?

肝心なのは資格を持っていても実務経験を積んで来たかどうかが全てなのに・・・

今の時代、会社側も資格をもっていても経験のない人間を採用し、育つかどうかわからない人材に時間をかける余裕などないのです。

必要なのは即戦力!!

数々の修羅場をくぐり抜けてきたであろう人材ほど使えるものはないのです。

実務経験こそ最強のスキル!!

資格は後からついて来るもの。

まずは会社にとって一日でも早く利益を生み出してくれるそんな存在であってこそです。

転職活動における資格取得の意味合いを間違え無駄に時間を費やしていると後々、後悔することにもなり兼ねませんよ~